• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

体験

【そごう美術館】ミュシャ展~運命の女たち~ Alfons Mucha’s Women 11/23(土)からクリスマスまで開催☆彡

2019年11月23日(土・祝)~12月25日(水) 

presenter 横浜 彩

そごう美術館

【そごう美術館】ミュシャ展 運命の女たち Alfons Mucha’s Women 2019年11月23日(土・祝)~12月25日(水) 午前10時~午後8時 (入館は閉館の30分前まで)                株式会社そごう・西武 2019年11月19日 09時00分 ツイート はてな 素材DL ・・・ その他 メール Slack トークノート ミュシャの人生を彩る女性たちに焦点をあてながら、チマル・コレクション約150点でミュシャ芸術の真髄に迫る 現在のチェコ共和国モラヴィア地方で生まれたアルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)は、19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパで起こった芸術運動アール・ヌーヴォーの旗手として知られ、その作品は現在まで世界中の人々を魅了し続けています。本展は、「運命の女たち」をテーマに、ミュシャの人生を彩った女性たちに焦点をあてながら、ミュシャ芸術をご紹介します。 華やかな女性像で知られるミュシャの作品には、女性との交流が少なからず影響を与えています。たとえば初恋の人、ユリエ・フィアロヴァー(愛称ユリンカ)の面影はミュシャの描く女性像の多くに投影されています。また、パリで大女優サラ・ベルナールと知り合い、ポスターを描いたことがきっかけで、名声を得たこともよく知られています。

ポスター「黄道十二宮」1896年

大好きなそごう横浜店6階にある【そごう美術館】、ご紹介した「不思議の国のアリス展」も連日大盛況でしたね。今週末からはクリスマスムードの横浜にぴったりのミュシャ展が登場!お買い物がてらぜひいかがでしょうか。

日本初!みどころがいっぱい

現在のチェコ共和国モラヴィア地方で生まれたアルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)は、19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパで起こった芸術運動アール・ヌーヴォーの旗手として知られ、その作品は現在まで世界中の人々を魅了し続けています。

本展は、「運命の女たち」をテーマに、ミュシャの人生を彩った女性たちに焦点をあてながら、ミュシャ芸術をご紹介します。

ポスター「《スラヴ叙事詩》展」(部分)1928年

ポスター「ヒヤシンス姫」1911年

華やかな女性像で知られるミュシャの作品には、女性との交流が少なからず影響を与えています。

たとえば初恋の人、ユリエ・フィアロヴァー(愛称ユリンカ)の面影はミュシャの描く女性像の多くに投影されています。

また、パリで大女優サラ・ベルナールと知り合い、ポスターを描いたことがきっかけで、名声を得たこともよく知られています。
本展ではミュシャ生家の近くに住むチマル博士の3代にわたるコレクションから厳選したポスター、装飾パネル、油彩画、素描、水彩画など、十代の頃からパリ時代を経て、祖国に捧げた晩年の作品まで約150点が出品。なお、チマル・コレクションのみで構成されるミュシャ展は日本で初めてです。

関連企画

学芸員によるギャラリートーク
そごう美術館学芸員が会場をめぐりながらミュシャ展の見どころをご紹介。

日 時:12月7日(土)午後2時〜
場 所:そごう美術館 展示室内
参加費:無料

※別途展覧会入館料が必要です。
※事前申し込み不要です。

ポスター「椿姫」1896年

ポスター「スラヴィア保険会社」1907年

♪クラシック・ヨコハマ2019
ミュージアムコンサート

横浜ゆかりの演奏家たちが、ミュシャにちなんだ曲などを演奏します。

場 所:そごう美術館 展示室内
参加費:無料 
※別途展覧会入館料が必要です。
※事前申し込み不要です。

座席数:60席
※満席の場合はお立見となります。
*イベントの日時・内容等に変更が生じることがあります。

楽譜「マーキセット・カヴォット」の挿絵 1896年

【1】11月30日(土)午後2時~
出演者: ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(MMCJ)修了生
(フルート:福島さゆり オーボエ:浜松笑美 クラリネット:後藤詩絵 ファゴット:栗林愛理)
演奏曲:くるみ割り人形より 小さな序曲(P.チャイコフスキー)、二重奏曲第1番より 第1楽章 アレグロ(J.S.バッハ)、我が祖国よりモルダウ(B.スメタナ)、マーキゼット・ガヴォット(E.ミサ)、3つの二重奏曲のWoO27 第1番ハ長調より 第1楽章 アレグロ(L.ベートーヴェン)、カヴァレリア ルスティカーナより(P.マスカーニ)、四重奏曲(J.フランセ)他

【2】12月14日(土)午後2時~
出演者: 横浜市民広間演奏会
(ヴァイオリン:大堀由美子/井上八世以 ヴィオラ:森田綾乃 チェロ:行本康子)
演奏曲:亜麻色の髪の乙女 (C.ドビュッシー)、スラヴ舞曲10番作品72-2(A.ドヴォルザーク)、マーキゼット・ガヴォット(E.ミサ)、クリスマスソングメドレー他

開催概要

会期:2019年11月23日(土・祝)
       ~12月25日(水) 
33日間 ※会期中無休
開館時間:午前10時~午後8時 

主  催:そごう美術館
後  援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
企画制作:MBS
協  賛:㈱そごう・西武

【スタリス☆横浜】おすすめポイント
ミュシャ展~運命の女たち~のご紹介はいかがでしたか?
ミュシャ生家の近くに住むチマル博士の3代にわたるコレクションから厳選した「チマル・コレクション」のみで構成されるミュシャ展は日本で初めてというのもワクワクします。

何かと忙しい師走に、お買い物モアクセスも便利な【そごう横浜店】の6階で、本格的な美術展が観られるなんて感謝しかありません。

ご家族やお友達とぜひどうぞ!

ポスター「ジスモンダ」1894年

◆詳細はそごう美術館【公式HP】でご確認ください。

Presenter

横浜 彩
ヨコハマ地域情報担当
横浜 彩
横浜地域活性化・町おこし担当。テレワークやダイバーシティマネジメント推奨を通し、女性支援に力を入れています。 趣味:芸術鑑賞 ドライブ