• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ

グルメ

美女と再訪♪【野毛】老舗尾島商店の肉カフェ MEAT CAFE OJIMA(ミートカフェオジマ)美女医友人と「ちょい呑み」してきました。

~野毛大人女子会☆お味もコスパも大満足!~

presenter スタリス&画廊支配人

MEAT CAFE OJIMA(ミートカフェオジマ)

野毛 女性 大人女子 ちょい呑み 尾島商店 ミートカフェオジマ 肉カフェ

【スタリス☆横浜】人気記事ランキングで長く1位をキープしているMEAT CAFE OJIMA。「尾島商店 肉カフェ」「ミートカフェオジマ」どちらでヤフー検索しても、TOP頁にくるのが理由かな?と嬉しく思います。(2018.8月現在)

今回は親しい美女医友人と語り合うために、プライベートで再訪した時の「野毛ちょい呑みレポート」です。

お水はセルフで

写真中心でざっくりご紹介しますね。

テイクアウトの商品も豊富に揃う尾島商店の肉カフェ MEAT CAFE OJIMA(ミートカフェオジマ)では、お水はセルフサービスとなっています。レモンのフレーバーウォーターがインテリアにもなっていて、お洒落ですよね~。

乾杯!

まずは冷えたビールと白ワインで乾杯~♬ お仕事お疲れ様でした!

筆者は長年続けている本業にプラスされた新しいプロジェクトに加え、プライベートでもスタートしたことがあり、忙しすぎてストレスMAX...。この日をとても楽しみにしていました。

気のおけない吞み友達は宝物♡

この日、ちょい呑みに付き合ってくれたのは、ヒロクリニック副院長 野村麻美さん。患者さんたちの幸せを第一に、親身に寄り添って考えてくれると人気の美女医さんです。

しかも実は伊勢佐木町にある創業148年の老舗【柳屋】のご息女。セレブで才色兼備なのに温かくて気さく、仕事もパーフェクト!という非の打ちどころがない彼女は、男性はもちろん同性ファンもとても多い皆の憧れの的。

ヒロクリニック 野村副院長 

SSS社交会~老舗の跡継ぎ編~

この写真はそんな老舗がご実家、伝統を引き継ぐ方たちをご紹介しようと開いた、【SSS社交会~老舗編~@リオスボングスタイオ(元町)】の写真で、尾島商店の尾島隆一社長は右奥のイケメン男性ですよ。

こちらのお店も後日ご紹介しますね!SALONE2007から独立したオーナーシェフの美味しいローマ料理が楽しめる人気店です。

美味しくコスパ最高!

この日はいろいろ語り合いたくて、完全プライベートだったので、MENUなどの写真を撮っていなくてすみません。<お店には取材・掲載許可頂いています>

とにかくどれを頼んでも美味しくて、しかもお手頃なお値段でカジュアルな雰囲気。スタッフさんも女性が多く、おひとりさまでも気軽にちょい呑みができるお店ですし、家族へのお土産にパイやお惣菜も買えちゃう。
お疲れ大人女子の強い味方ではないでしょうか。

【編集後記】

1923(大正12)年創業の精肉店 尾島商店 野毛本店はもちろん、デパ地下でもお弁当やお惣菜が大好評!一番人気は、「濱吟焼豚」だそうです。
国産豚を独自の製法で丁寧に焼き上げていて、根強いファンが多いのでぜひ一度お試しください。

再訪では前回と違うMENUも色々頼めて、大満足。話に夢中になり、あまり沢山食べられませんでしたが、美味しかったし、楽しかった~!ストレスも吹き飛び、元気が出ました!

お惣菜一番人気の「濱吟焼豚」

この写真は尾島商店のカフェではないのでご注意ください~

このあと美女医友人がオープン当初から通う野毛の隠れ名店を紹介してくれたので、そちらで二次会(夜お茶♪)しました。後日きちんと取材に伺いたいと思います。

写真だけで「あ、この店は!」とわかる貴女はかなりの野毛ツウ(*'▽') 取材記事もうしばらくお待ちくださいませ。

お店に新しいインテリアも増えていました

あちこち脱線して申し訳ありませんでしたが、最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

野毛には気軽にちょい呑みが楽しめる、お洒落で安心なお店がまだまだいっぱいあるんだな~と感動した一夜でした。これからは【スタリス☆横浜】で「野毛:大人女子向け店 発掘隊」を結成し、またレポートしていきたいと思います!(入隊もお待ちしています♪)

皆様もぜひ、いま一番アツい横浜の人気スポット、野毛にチャレンジしてみてくださいね。

野毛 尾島肉カフェ ミートカフェオジマ

MEAT CAFE OJIMA(ミートカフェオジマ)FB

Presenter

すずき まき
スタリス&画廊支配人
すずき まき
20年に及ぶ企業や投資家の「女性目線コンサル・PR業務」の傍ら、メディアやブランドの立ち上げを数多く経験。生死に関わる大病を克服した自身の経験から【人と地域の応援】をテーマにスタリスを創設。リスタート時に始めた人気女性誌や、専門誌の仕事で培ったスキルと【ご縁】に感謝を込めて、複数の企業や媒体のお手伝いを現在も継続中です。