• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

体験

【体験レポート】魅惑の4日間「フランス映画祭2021 横浜」開幕☆フランス通女優がナビゲート♡夏美れいさんにご感想&メッセージをいただきました!~フェスティバル・ミューズ 杏さん登場のオープニングセレモニー&上映『ヴォイス・オブ・ラブ」~

~11月11日(木)から14日(日)どっぷりフランスと横浜を堪能ください~

presenter スタリス&画廊支配人

日本未公開のフランス映画最新作を皆様にお届けするフランス映画祭!今年は11月11日(木)から14日(日)の4日間、秋の横浜にて開催されます。パシフィコ横浜で開催されたオープニングセレモニー&上映イベントに伺いました。

フランス人映画監督の作品にも続いてご出演されている、女優の夏美れい(写真左:Rei Natsumi)さんによる映画ご感想&メッセージもお届けしますので、ぜひご覧ください!

フランス映画祭2021 横浜

フランスにご縁が深い女優・表現者の夏美れいさん

<開催概要>
フランス映画祭2021 横浜
Festival du film français au Japon 2021

期間・会場
2021年11/11(木)~11/14(日)
全4日間
みなとみらい21地区を中心に開催

プログラム
①11/12(金)~14(日)
フランス映画最新作の上映

②11/11(木)
オープニング・セレモニー、
ドライブインシアター

③マスタークラスなど
主催:ユニフランス
共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、 
横浜市
特別協賛:日産自動車株式会社




オープニングセレモニーにご招待された、夏美れい(Rei Natsumi)さんはシャンパーニュをこよなく愛する女優としても知られ、2019年にフランスのシャンパーニュ騎士団よりシュバリエを叙任。シャンパーニュの魅力を日本へ伝える傍ら、パリでは度々日本舞踊を披露されるなど、正に日仏の架け橋としてご活躍なさっています。

オープニング上映イベント~夏美れいさんコメント~

「ヴォイスオブラブ」(セリーヌ・ディオンの
伝記映画)が11日に上映されました。

『大きな愛の物語。運命の人、家族との
それはそれは美しいamour!人は一人で
立っているように見えて、本当は誰かに
支えられている。

英語で伴侶のことをmy better halfと
いう表現をしますが、ステージでアリーヌ
(セリーヌ)はいつも2人だった…

監督兼主演のヴァレリー・ルメルシエさんから楽しくチャーミングなビデオメッセージも♪

現57歳である監督兼主演のValérie Lemercierが少女時代のアリーヌから1人で演じていることも大変興味深かった。また監督が「セリーヌが現実の世界で出来ないことを映画の中でさせた」と語っていたことに映画の魅力を改めて感じました。

ケベックの大家族の日常や、ケベコワとも言われるケベック・フランス語も特徴があり新鮮で面白い(フランス語を話す方、また勉強中の方にとってはその部分も楽しめる要素の一つでは?😉)。』
(夏美れい Rei Natsumi)

フランス映画祭2021横浜で、映画の魔法にかかってくださいね(夏美れい)

『この2年近くコロナ禍で映画館へ足を運ぶことさえままならなかったですが、是非フランス映画祭へ足をお運び頂き、映画の魔法にかかって頂きたいと思います。』(夏美れい Rei Natsumi)

女優のみならずアルゼンチンタンゴから日舞まで踊り熟す表現者でもある夏美れいさん。フランスとの縁も深く、2012年にフランス国籍の男性と結婚♡フランス人映画監督の作品にも続いてご出演されています。
◆パリのショートフィルム映画祭でグランプリを受賞した記事はこちら

オープニングセレモニーにミューズの杏さんが登場!

『フランス映画祭 2021 横浜:EVで星空上映』 &「オープニングセレモニー」
フェスティバル・ミューズ 杏 さんが、イルミネーションで美しく輝く横浜 赤レンガ倉庫前やパシフィコ横浜で、開会を祝福しました。

フェスティバル・ミューズに就任された杏さん

1993年に始まり、日本での開催は今年で29回目となるフランス映画祭。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により12月の開催となった本映画祭ですが、いよいよ11月11日(木)から14日(日)の4日間、秋の横浜にて開催。 

横浜赤レンガ倉庫では、COP26の開催などで環境問題に注目が集まる中、環境に優しい電気自動車限定のドライブインシアターを実施。2020年のカンヌ国際映画祭にも正式出品されフランスで大ヒットしたコメディ『セヴェンヌ山脈のアントワネット』を上映致しました。上映の前にはフェスティバル・ミューズである杏さんも登場するレッドカーペットイベントを実施し、映画祭の開幕を華やかに祝福しました。(公式HPより抜粋)

新市長の山中竹春氏もご登壇!(写真左端)

わたしたちも伺った、メイン会場となるパシフィコ横浜のメインホールでは、オープニングセレモニーが行われ、杏さんが開会宣言!
去り際にも会場の皆さんや報道陣に手を振ってくださるなど、お美しいだけでなくその可愛らしさと、溢れる優しさに、全員が魅了されうっとり♪

写真左から、山中竹春(横浜市長)・ニコラ・ティリエ(駐日フランス臨時代理大使)・杏(フェスティバル・ミューズ)・内田誠(日産自動車株式会社代表執行役社長兼最高経営責任者)【敬称略】 

【編集後記】

フランス映画祭2021横浜 【共催】のアンスティチュ・フランセ日本様からご招待された、女優で親友の夏美れいさんと一緒に、会場入りしました♪
アンスティチュ・フランセ日本 PR・マーケティング担当官 統括マネージャーの、素敵なオリヴィエ・フロモン(Olivier FROMONT)様をご紹介いただき、ご挨拶が叶い光栄です!
その際に、夏美さんがフランス語で華麗に通訳してくださって、さすがだなあ~と感動でした✨

フランス映画の持つ豊かな多様性を味わうことができる11本の作品の豪華セレクションを日本の映画ファンが愉しめることに感謝です。ご関係者の皆様本当にありがとうございます!

フランス映画祭2021 横浜

《一般上映》
・日時11月12日(金)から11月14日(日)
・会場:イオンシネマみなとみらい
・チケット:一般:1800円、大高中生:1200円、小学生:500円、
 乳児&幼児:無料(*座席使用の場合500円)
チケット販売先リンクはこちら

【主催】ユニフランス
【共催】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜市
【特別協賛】日産自動車株式会社
【公式サイト】はこちら
【問い合わせ】050-5541-8600(ハローダイヤル:9:00-20:00)

Presenter

すずき まき
スタリス&画廊支配人
すずき まき
20年に及ぶ企業や投資家の「女性目線コンサル・PR業務」の傍ら、メディアやブランドの立ち上げを数多く経験。生死に関わる大病を克服した自身の経験から【人と地域の応援】をテーマにスタリスを創設。リスタート時に始めた人気女性誌や、専門誌の仕事で培ったスキルと【ご縁】に感謝を込めて、複数の企業や媒体のお手伝いを現在も継続中です。