• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

体験

【そごう美術館】「森に棲む服/forest closet ひびのこづえ展」 衣装製作の際に出る、綺麗な余り生地や糸を使うワークショップや、ちょっと不思議なオリジナルダンスパフォーマンスもお愉しみください

2021年9月10日(金)〜10月10日(日)

presenter M&A

そごう美術館

NHK Eテレ「にほんごであそぼ」の衣装、セットデザインが有名。森に棲む服/forest closet ひびのこづえ展が、9月10日からスタートします。

展覧会概要

開催期間:2021年9月10日(金)
        〜10月10日(日)
開館時間:午前10時~午後8時
    (入館は閉館の30分前まで)

*そごう横浜店の営業時間に準じ
 変更になる場合がございます。

会 場 :そごう美術館
   (そごう横浜店6階)

ROOTの衣装で踊るアオイヤマダ 2021年 photo©️上原勇

そごう横浜店は衣・食・住にまつわる種々膨大な品々が並ぶ森。
その中にある美術館は6階の一番奥にある、さらに深い森。
そこには様々な生き物の服が並んでおり
ときおり、服を着て動き踊る生き物たちに出会う。

ひびのこづえはコスチューム・アーティストとして、1988年に活動を開始します。以後30年以上第一線で、演劇やダンス、映画、テレビなど多くの分野で数々の作品を制作しています。なかでも、野田秀樹演出の舞台衣装やNHK Eテレ「にほんごであそぼ」の衣装、セットデザインはよく知られています。想像力をかきたてる奇想天外なかたちやわくわくするような色彩の衣装によって、こどもからおとなまで一瞬のうちにその魅力に引き込んでゆきます。

本展覧会では代表的な衣装や新作、不思議な衣装をまとったダンサーたちによるパフォーマンス、ワークショップなどによりひびのこづえの作品世界の全貌をお見せします。

ダンス・パフォーマンス

「Piece to Peace」九州国立博物館 個展「太ンス宰府ク(ダンスザイフク)」2019年 photo ©️出口敏行

●Piece to Peace
 ひびのこづえ×島地保武×酒井はな×川瀬浩介
 海の泡から始まった生命は、時を経て異なるものへと変化する。 余分な装飾を必要としない彼らの身体性と表現力に、あえて不自由さを与えるような衣装と音楽により、 新たな世界が作り出される。

 日時:9月18日(土)、19日(日)各回ともに午後4時~(約30分)

MAMMOTH  2020年 photo ©️出口敏行

●MAMMOTH
ひびのこづえ×藤村港平×川瀬浩介
藤村港平のパフォーマンスが衣装に息を吹き込み、川瀬浩介による音楽にあわせ、様々な衣装で変身しながらマンモスが踊り出す。マンモスと人や生きもののかかわりをテーマに表現したオリジナルダンスパフォーマス。

日時:9月20日(月・祝)、23日(木・祝)各回ともに午後4時~(約30分)

ROOTの衣装で踊るアオイヤマダ 2021年 photo©️上原勇

●新作パフォーマンス  ROOT:根
ひびのこづえ×アオイヤマダ×小野龍一

ダンサーのアオイヤマダが1枚ずつ
服を脱ぎ、脱皮を繰り返しながら踊る
ことで、違う生き物に変異していく。

森に住む巨大なカエル、そのカエルから
産み落とされた赤い身体から、耳が5つ
の頭、黒いイボイボの半身、ピンク色の
丸でできた体毛、放射状に広がる腰、5つ
の尾を持つ尻、柄柄の肌が生まれていく。

そして最後は人となり、身体から根が生え、
森に土に還る。
小野龍一の音楽と共に生命の流れに思いを
巡らす作品。
日時:9月25日(土)、26日(日)、10月2日(土)、3日(日)各回ともに午後4時~(約30分)

【上記イベントについて】
場所:そごう美術館展示室内  参加費:無料 

*別途入館料が必要です。(中学生以下入館料無料)
*参加方法:9月10日(金)以降、そごう美術館HPをご確認ください。

ワークショップ ちいさな生きものブローチ作り

ひびのこづえさんが舞台やテレビの仕事で
衣装を作ったときに残ったきれいな生地や
衣装の断片を使って、きれいな色の糸で
チクチク縫いながら、ちいさな生きものを
作ります。
絵を描くことや縫い物が苦手でも大丈夫♪

【ひびのこづえプロフィール】
静岡県生まれ。1982年 東京芸術大学美術学部デザイン科視覚伝達デザイン卒業。
1997年 作家名を内藤こづえより、ひびのこづえに改める。2021年 奥能登国際芸術祭参加。
日時:9月18日(土)、19日(日)、20日(月・祝)、23日(木・祝)、25日(土)、26日(日)、
   10月2日(土)、3日(日)
各回ともに午前11時~午後1時30分
講師:ひびのこづえほか
場所:そごう美術館展示室内

参加費:3,000円(税込、材料費込、本展入館券付)
定員:各回17名(事前申込、先着順)
参加資格:5歳以上。小学生以下の方は、保護者とご一緒にご参加ください。保護者は見学のみのご参加は不可。子供と保護者もそれぞれが一つずつで作ります。
当日ご持参いただくもの:筆記用具、色えんぴつ、ハサミ(1人1本)

◆参加お申込み・お問合せ:現在、受付中。
そごう美術館 電話045(465)5515〈美術館直通〉
*ご予約多数の場合は、先着順とさせていただきます。
*一人でも多くの方が参加できるようにキャンセルの場合は前日午後5時までにご連絡ください。

ひびのこづえSHOP

オリジナルの1点物のバッグから
全種類のハンカチなどが並びます。

こちらのショップは、入館しなくても
お買い物に入ることが可能◎

そごう美術館の左手になります。

【編集後記】

お買い物がてら気軽によりやすいのが嬉しい!デパートの中にある、本格的かつ評判の高い美術館といえば、大好きな「そごう美術館」さん。

いつもと違う世界を鑑賞することで、発想力が豊かになり、いろいろなことにも興味がわいてきます。リフレッシュにも最適。お子様と一緒にどうぞ!

Presenter

M&A
仲良し母娘記事担当
M&A
20代&50代の母娘。時々壮絶な喧嘩もするが基本仲良し。二人で食事や旅行に行く時は、洋服やメイクがそれぞれイタくないかなど、仕事もお洒落もアドバイスしあっている。
出没地:母娘プランがある温泉やホテル