• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

和文化

和紙の紙すき体験が叶う!~職人、生産者と行うご当地文化体験「手業(てわざ)のひととき」・秋~「伝統工芸士と大子那須楮100%の『烏山和紙』紙漉き体験」開催!優しく香るサシェ作りも◎【星野リゾート 界 川治】

期間:2021年9月1日~11月30日

presenter 伊奈 乃彩

渓流沿いに佇む里山の温泉旅館「星野リゾート 界 川治」では、2021年9月1日から11月30日の間、「伝統工芸士と大子那須楮(だいごなすこうぞ)100%の『烏山和紙』紙漉き体験」を開催します。

界ブランド「手業(てわざ)のひととき」は、貴重なご当地文化体験を季節ごとに満喫できる、スタリス☆太鼓判プラン!自信をもっておすすめしますので、ぜひ詳細をご覧ください。

烏山和紙とは

栃木県那須烏山市で生産されている伝統工芸。那須連峰から下る那珂川と原料となる大子那須楮により、1,200年前から製造されていたといわれています。(*1)
大子那須楮は国内でも最も質の高い楮とされ、漉いた和紙は丈夫できめが細かいことが特徴です。現在でも栃木県内の学校の卒業証書に使われたり、以前は、宮内庁に献上されたこともあります。

*1:全国手すき和紙連合会

【1日目】館内で「烏山和紙」に触れ、翌日に備える

当館のいたる所で烏山和紙に触れること
ができるそう!

例えば、客室には烏山和紙を使用した
2つの行燈の設えが。秋の月夜をイメージ
したものと、赤や黄色の紅葉が映し出され
る行燈で、和紙を通した柔らかい光が趣を
醸し出します。

秋の月夜をイメージした行燈

季節の会席(※写真はイメージです)

また、夕食時には烏山和紙を使用した
敷き紙や箸置きを使用することができ
ます。

翌日に実際に漉く和紙のイメージを
膨らませることができますよね。

紅葉が映し出される行燈

客室で体験♪烏山和紙サシェづくり

烏山和紙サシェづくりイメージ

和紙は昔から、防虫や湿気対策のため着物などを包むのに重宝されてきました。その特性を生かし、烏山和紙を身近に感じることができる「烏山和紙サシェ」をつくります。

クスノキ、ユズ、ヒバの和製油から好みの香りを選び、防虫や消臭の効果があるといわれる楠チップ(*2)に香りをうつし、柔らかな手触りの烏山和紙で包みます。丈夫できめが細かな烏山和紙を通して、優しくふわっと香ります。
家に持ち帰り、クローゼットに入れ、使用することができるサシェは、お土産やプレゼントにもぴったり。

*2:東京農業大学ホームページより

【2日目】いよいよ体験!楮から和紙になるまでを知り、好みの和紙を漉く

1969年旧烏山町(現在の那須烏山市)の
和紙作りの家に生まれる。学校卒業後、
地元公立校に教員として勤務。

1993年、福田製紙所入社。入社時は販売、
和紙の加工などの仕事からはじめ、その後
紙漉き作業の担い手となり、2017年栃木県
伝統工芸士に認定される。
2018年代表社員に就任。

「手業のひととき」を担当する職人 福田製紙所 福田 博子氏

「大子那須楮」の塵取り風景

福田氏から日本で唯一の烏山和紙の作業場である「和紙の里」で、原材料である楮から烏山和紙になるまでの工程や紙漉きの仕方、こだわりなどを伺います。

一度煮て柔らかくなった楮を丁寧に処理し、繊維を攪拌(かくはん)する工程を間近で見ることができるそう。丹念な手仕事を見学する間、水と楮を混ぜる音が心地よく工房に響きます。
楮から和紙になる過程を知った後には、福田氏の指導のもと、大子那須楮100%の紙漉き体験を行います。和紙の厚みや紙の大きさ色味、艶感など福田氏に相談しながら、思い思いの和紙を製作のできる体験です。

<福田氏からのコメント>

1300年の歴史を持つ日本の文化である和紙。ここ烏山で貴重な「那須楮」を使用した和紙作りを体験していただきます。未来に残すべきといわれる紙漉きの技で、未来へ受け継がれていく可能性を持つ世界で一枚の和紙を、楽しみながら作っていただきたいと思います。日本の農村の原風景を感じられる里山の工房で、心落ち着く時間を過ごしてください。

モデルスケジュール&概要

<1日目>
15:00  チェックイン
15:30  温泉入浴
17:30  夕食、烏山和紙の敷紙と
     箸置きで会席料理を味わう
20:00  烏山和紙の月灯りの中で
     里山の知恵を知る
客室にて「烏山和紙サシェづくり体験」
<2日目>
13:00 手業のひととき
担当する職人 福田製紙所 
福田 博子氏
「伝統工芸士と大子那須楮(だいごなす
こうぞ)100%の『烏山和紙』紙漉き体験」

15:00 終了

露天風呂も素敵です♡

「伝統工芸士と大子那須楮100%の『烏山和紙』紙漉き体験」概要
■期間:2021年9月1日~11月30日(日、水、木、金)
■時間:宿泊翌日13:00~15:00
■場所:「和紙の里」(現地集合解散)
■料金:1名8,800円(税込、宿泊費別)
■定員:1日2組2~4名
■受付:公式サイトにて7日前まで受付
■備考:完成した和紙は後日郵送します。(体験後1週間程度)

【編集後記】

界「手業のひととき」は、宿泊者にもぜひ、
地域の文化を継承する職人や作家、生産者
とその手業に触れ、より深く地域の魅力を
感じて欲しいという思いで、春夏秋冬、各
季節 4 施設ずつ実施して下さっています。

●手業のひとときの詳細はこちら

写真は【界 日光】の手業のひととき(日光採色体験)

箱根で体験したときの写真です♪

和文化研究家の筆者(NOA)が幼い頃からずっとやりたいと思っていた、憧れの紙すき体験!!素敵な【星野リゾート 界 川治】さんに宿泊し満喫できるなんて、まさに夢のようなプランです。

手業のひとときをおすすめする理由は、【界 箱根】さんで、箱根の伝統工芸 寄木細工体験(職人さんの工房見学&ずく引き)をさせていただき、人生が変わる宝物のような1日となったことから。
(※こちらの体験レポート記事もぜひご覧ください。)

星野リゾート 界 川治

栃木・川治温泉の渓流沿いに佇む温泉旅館。石臼を使ったきな粉挽き体験や烏山和紙の手すき体験など里山の知恵に触れる滞在を楽しめます。


栃木県日光市川治温泉川治22/客室数 54室

\【界 箱根】で体験した「手業のひととき」動画はこちら/

\おまけ♪ 箱根の「わらじ体操」/

Presenter

伊奈 乃彩
エディター
伊奈 乃彩
徳川の寵愛を受けた歴史ある【花園山桜井寺】~弘仁4 年(813 年)建立~先代住職【俊英】の曾孫。「日本の財産でもあるお寺や神社にもっと足を運ぼう」をテーマに2015 年より寺社仏閣&和文化応援プロジェクトを開始。
趣味:着物 料理