• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

女子旅・おでかけ

【速報】アンティーク着物女子必見!いよいよ今日(1/8月)まで。池田重子 横浜スタイル展【大盛況】歴史に残るコレクション展をお見逃しなく(そごう美術館)

~池田由紀子さんによるギャラリートーク・レポート~

presenter エンドライター

取材協力:そごう美術館

池田重子横浜スタイル展 アンティーク着物 着物女子

何度かお伝えしてまいりました「池田重子 横浜スタイル展」。皆様もうご覧になりましたか?初日から着物大人女子がそごう横浜店に大集結してとても華やか。1/6(土)15時から行われたギャラリートークも大盛況でしたので、本日はそちらをレポートします。

池田由紀子さんによるギャラリートーク

「時代布と時代衣装 池田」店主 池田由紀子さん

そごう美術館入口に池田スタイルファンが大集合

※取材のため許可を得て撮影しています。(一般の方の場内撮影はNGなのでご注意ください)

池田重子さんの類まれなる美意識を継承し、「時代布と時代衣装 池田」二代目店主としてご活躍のご息女:池田由紀子さん。トークショーも満席の大人気でしたが、ギャラリートークもスタートの15時前には、既に黒山の人だかりができていました。

松の内のアンティーク着物コーデ

松ぼっくりのアンティーク帯留め

※取材のため許可を得て撮影しています。(一般の方の場内撮影はNGなのでご注意ください)

この日(1/6)の由紀子さんは「松の内(*)なので、‘松’のコーデにしてみました」とのこと。松ぼっくりの可愛い帯留めもアンティークだそうです。黒×金がお正月らしく華やかでとても素敵でした。どんなアンティークも上品に着こなす由紀子さんにファンもうっとり。

(*)松の内:1/1~一般的には7日まで。正月の門松を飾る期間内のことを指します

1つ1つに隠された想いやストーリー

※取材のため、許可を得て撮影しています。

一般の方の場内撮影はNGなのでご注意ください。

※取材のため許可を得て撮影しています。(一般の方の場内撮影はNGなのでご注意ください)

この日のギャラリートークでは、「どのように池田スタイルのコーディネートを選び作り上げたのか」「この着物(または帯留め)はどんなものか」など、1つ1つその丁寧な解説と込められた想いや蘊蓄が語られました。
新たな発見みどころに、場内いっぱいに集まったファンの皆様も感動&大満足!大胆な発想やエピソードに時々笑いも起こり、終始アットホームな雰囲気で一緒に会場を回りました。

お土産や記念に買いたいものがいっぱい

そごう美術館 併設ショップ

ギャラリートークでは、’重子さんはトランプ遊びを、一人でするのがお好きだった’というのも印象的でした。トランプ柄が着物コレクションに入っていることも、それをお伺いした後だと更にグっときます。
入場券が無くてもお買い物できる併設ショップでは、池田オリジナルバッグ帯留め、横浜スタイル展限定のイラストブックなどが揃っています。ご自身の記念やプレゼント、お土産にもご利用頂けます。

お着物女子はお見逃しなく

※撮影OKスポット

※撮影OKスポット

©中村淳(スタジオKJ)

いかがでしたか?いよいよ1/8(月)までなので、お着物や和文化がお好きな方、アンティーク・美術工芸品にご興味がある方はぜひどうぞ。豊富なコレクションから横浜ならではのセレクトをしてあるので、横浜在住の方や横浜が好きな方にも愉しんでいただけます。

【編集後記】

美術館チケット半券【特典】

そごう横浜店地下2F入口のおかいものくまさん

沢山の着物大人女子がそごう横浜店にいらしていて、横浜スタイル展のあとお茶したりしていて、そごう全体が華やかでした。「今年まだ着物を着ていないなあ~」という方、’お着物で美術館’いかがでしょうか。(美術館のチケット半券 提示サービスもご利用ください。)

第二弾のトークショーの記事、池田由紀子さんやそごう美術館の二宮さんにも、光栄なことにご好評いただきましたので、そちらもぜひご覧いただければ幸いです。池田スタイルの極意は「愉しむこと」。素敵な企画展を愉しませていただき誠にありがとうございました。

Presenter

エンドライター
コミックエッセイ研究家
エンドライター
「奥様は魔女」の母エンドラに憧れているマルチライター。数誌の読モや有名誌ライターを経て色々な媒体で活躍中。コミックエッセイの蔵書は数百冊にものぼり【コミックエッセイ研究家】としてひっそりデビュー。
好きなもの:珈琲と酒 工場見学