• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

お仕事

【募集】横浜ビジネスグランプリ 2023~YOXO アワード~ ビジネスプラン募集!【エントリー期間:10/3(月)~10/31(月)】

presenter 横浜 彩

横浜ビジネスグランプリ 2023~YOXO アワード~ビジネスプラン募集 エントリー期間:10月3日(月)~10月31日(月) 横浜市 2022年9月16日 12時00分 3 公益財団法人横浜企業経営支援財団(以下「IDEC 横浜」)は、横浜での起業・新規事業に挑戦する起業家・スタートアップなどのビジネスプランを全国から募集します。

公益財団法人横浜企業経営支援財団(以下「IDEC 横浜」)は、横浜での起業・新規事業に挑戦する起業家・スタートアップなどのビジネスプランを全国から募集します。

本コンテストについて

テーマは自由で、新しい時代に対応した製品・サービスや、社会課題に挑む新規事業などのビジネスプランを、多様な専門領域で活躍している経験豊富な審査員が5つの審査基準に沿って評価します。
コンテストの応募者には、事業プランのブラッシュアップをはじめ、第一線で活躍している経営者からの実践的なアドバイスのサポートなど、様々なメリットがあるほか、最優秀賞者には賞状と副賞100万円、一般部門優秀賞には副賞30万円、学生部門優秀賞には副賞10万円が贈呈されます。
なお、10月3日(月)からのエントリー受付に先立ち、IDEC横浜の相談窓口では、中小企業診断士によるビジネスプランのアドバイスを無料で受けることができます。併せて、相談窓口で記載済みの事業計画書(応募様式)についてアドバイスを受けると書類審査において加点対象となります。

募集概要

(1) 応募対象
<一般部門>
現在横浜市内に事業拠点がある、もしくは将来事業拠点を横浜に置く予定の法人・個人事業主で以下の①または②いずれかに該当する方
 ①新たな事業に着手してから3年以内の方
 ②横浜ビジネスグランプリ 2023~YOXO アワード~ファイナルから 1 年以内の起業予定の方

<学生部門>
学校教育法に規定する大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校、専修学校、もしくは日本国内のこれらに準ずると認められる学校に在籍する 30 歳以下(2023 年3月 31 日時点)の学生

※応募書類等詳細は公式サイトをご確認ください。


(2) エントリー期間
令和4年10月3日(月)~10月31日(月)
*IDEC 横浜相談窓口における事前相談は 10 月 28 日(金)まで

(3) 審査スケジュール
令和4年11月下旬      【書類審査】応募書類による書類審査
令和5年 1月21日(土)  【セミファイナル】プレゼンテーション審査
令和5年 1月下旬~2 月上旬【ブラッシュアップ】プラン、プレゼンテーションのブラッシュアップ
令和5年2月18日(土)   【ファイナルコンテスト】プレゼンテーション審査

【横浜ビジネスグランプリ~YOXOアワード~とは】

【横浜ビジネスグランプリ~YOXOアワード~とは】
新たな価値を創造するような製品・サービスの提供を目指す起業家やスタートアップを発掘するため、横浜での起業や新規事業展開に挑戦するビジネスプランを全国から募集し審査するビジネスプランコンテストです。平成 15 年に第 1 回目を開催し、今回で 25 回目となります。

【公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC 横浜)とは】

【公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC 横浜)とは】
中小企業支援法に基づき、横浜市長から指定を受けた市内唯一の「中小企業支援センター」として、横浜経済の活性化と地域社会の健全な発展に寄与することを目的とした公益財団法人です。

問合せ:(公財)横浜企業経営支援財団 経営支援課
TEL:045-225-3714

【編集後記】

コンテストの応募者には、事業プランのブラッシュアップをはじめ、第一線で活躍している経営者からの実践的なアドバイスのサポートなど、様々なメリットがあるほか、最優秀賞者には賞状と副賞100万円、一般部門優秀賞には副賞30万円、学生部門優秀賞には副賞10万円が贈呈されるとのことなので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

皆様のスタート&リスタートを、応援しています!

横浜ビジネスグランプリ 2023【公式HP

・ビジネスプランは、一人何件でもご応募いただけますが、1プランにつき1つの事業計画書でご応募ください。
・応募プランの知的所有権については応募者に帰属します。ただし、特許・実例新案権などの知的財産権、企業秘密やノウハウなどの情報の法的保護については、応募者の責任において対策を講じた上で、一般に公表しても差し支えない内容にしてください。これに関して主催者、事務局、審査員は何ら責任を負わないものとします。
・書類審査を通過した場合、「応募社名」「プラン、アイデア名」「事業プラン概要」を公表することがあります。マスコミにリリースしますので新聞等に掲載される場合もあります。
・応募書類は返却いたしません。控えなどは応募者の責任で行ってください。

Presenter

横浜 彩
ヨコハマ地域情報担当
横浜 彩
横浜地域活性化・町おこし担当。テレワークやダイバーシティマネジメント推奨を通し、女性支援に力を入れています。 趣味:芸術鑑賞 ドライブ