• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Instagram
  • Amebaブログ
  • YouTube

防犯・ライフハック

6/26発売🎉待望の「60歳・100のこと」シリーズ最新刊!『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』⚡イラッとする時間がもったいない! 💛自分の機嫌を自分でとるためのヒントが満載💛

~最新刊のテーマは「ご機嫌でいること」~

presenter 四方山 五十子

【累計160万部突破!】「60歳・100のこと」シリーズ最新刊は “ご機嫌でいるための100のこと” 6/26発売 イラッとする時間がもったいない! 自分の機嫌を自分でとるためのヒントが満載 株式会社 宝島社 2024年6月26日 16時00分 0 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関川誠)は、60歳以上の女性向けムック本「60歳・100のこと」シリーズの最新刊『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』を、2024年6月26日(水)に発売します。 累計160万部を突破した本シリーズは、60歳以降の人生を豊かに生きるためのヒントやアドバイスを、その道の有識者だけでなく、該当世代の方々へのアンケートをもとに作成。シリーズ第1弾『60歳すぎたらやめて幸せになれる100のこと』は、発売直後から全国の書店で売り上げ1位を獲得し、2022年上半期で最も売れた(※)ムック本となりました。 シリーズ6冊目の最新刊のテーマは「ご機嫌でいること」。「イラッとする時間がもったいない!」をコンセプトに自分の機嫌を自分でとるためのヒントやアイデアを、「不機嫌な人に振り回されない」「不機嫌は素早く切り替える」「習慣と暮らしでご機嫌に」「上手な終活」など様々な切り口で100例集めました。そのほか、女優・宮崎美子さんの上機嫌の秘訣や、由美かおるさんのインタビューなどを掲載しています。 ※⽇販オープンネットワーク「WIN」調べ

連載で素敵な女性誌やムック本をご紹介させていただいている宝島社さまから、60歳以上の女性向けムック本「60歳・100のこと」シリーズの最新刊『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』が、2024年6月26日(水)に発売されました!

累計160万部を突破した「60歳・100のこと」シリーズ

累計160万部を突破した本シリーズは、60歳以降の人生を豊かに生きるためのヒントやアドバイスを、その道の有識者だけでなく、該当世代の方々へのアンケートをもとに作成。シリーズ第1弾『60歳すぎたらやめて幸せになれる100のこと』は、発売直後から全国の書店で売り上げ1位を獲得し、2022年上半期で最も売れた(※)ムック本となりました。

※⽇販オープンネットワーク「WIN」調べ

累計160万部突破! 「60歳・100のこと」シリーズ大好評発売中

待望の最新刊『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』

シリーズ6冊目の最新刊のテーマは
「ご機嫌でいること」。

「イラッとする時間がもったいない!」を
コンセプトに自分の機嫌を自分でとるため
のヒントやアイデアがいっぱい。

「不機嫌な人に振り回されない」
「不機嫌は素早く切り替える」
「習慣と暮らしでご機嫌に」「上手な終活」
など様々な切り口で100例集めました。


そのほか、女優・宮崎美子さんの
上機嫌の秘訣や、由美かおるさん、
キャシー中島さん、荻原博子さんらの
インタビューなどを掲載しています。

見どころ

明日からご機嫌になるヒントを
8ポイントに分けて紹介


①不機嫌な人に振り回されない

■夫の顔をバカボンのパパの顔に頭の中
で変換してみる(澤井佑子さん・60歳)

■『渡る世間は鬼ばかり』ドラマの
主人公になりきる(遠藤さん)

大きな文字でイラストも多く読みやすい

人生をご機嫌に過ごしている先輩のインタビューやクスッと笑えるミニコーナーも掲載

②不機嫌になってしまったら……

■こんなとき大谷選手だったらどうするか
考えます(沢田かおりさん<仮名>・64歳)

■推しの曲を聴きながら若いころの甘い恋を
一つ一つ思い出す(S・Tさん・64歳)

■イラつく原因を紙に書き連ねてその場で
破り捨てる(ハルままさん・71歳)
③習慣と暮らしでご機嫌に   ④ご機嫌を支えてくれる人やもの

⑤居心地のいい住まい     ⑥お金の心配を少しでもなくす

⑦健康の弱点を解消する    ⑧上手な終活  etc.

心理学指導者、脳科学者、精神科医、一級建築士など有識者視点からの「不機嫌」対策も

◆アドラー心理学カウンセリング指導者 岩井俊憲さん
不機嫌になること自体は悪いことではないし、図のように頭から完全に消し去ることもできません。ならば感情をコントロールして上手に対処したほうが建設的です。

◆脳科学者 西剛志先生
ハーバード大学などの研究機関での調査結果によると、語彙力のピークは67歳。人が一日に自分自身に向かって脳内でしゃべる言葉は、1万~数万語にものぼるといいます。これらをポジティブな言葉に置き換えていけば、前向きな考え方ができるようになり、自然と幸せな状況が作りだされます。

敏腕編集者✨憧れの小山田千世さん✨コメント

いつ会ってもご機嫌な人、なぜかいつも不機嫌
な人。その違いってどこから来るんだろう?と
考えたのが本誌のきっかけです。

アンケートをとってみると、いつもご機嫌な人
でも実は頭の中で毒を吐いている人もいたり
(笑)。
皆さんが実践する「自分の機嫌をとるヒント」
が集まりました。

ムック局第2編集部小山田千世さま

大好きな60歳シリーズは🎁プレゼントにもぴったりです!(※写真は「60歳・100のこと」シリーズの『60歳すぎたら捨てて心が軽くなる100のこと』)

本シリーズも6冊目となり、次作はいつ出ますか?とお電話をいただくことも増えています。今後も「60歳・100のこと」シリーズは、読んで「自分もこれをやっている!」と共感したり、クスッと笑って参考にしてもらえる企画を目指していきたいと思います。(小山田千世さん)



\スタリス☆POINT/
大好きな「60歳・100のこと」シリーズから素敵な最新刊が出て本当に嬉しいです!
スタリスの読者さまから「良い本を教えてくれてありがとう!」と喜ばれるので、プレゼントにもおすすめ。『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』じっくり読んでまたレビューしますね♪

※南果歩さんが表紙のこちらの本は『60歳すぎたら捨てて心が軽くなる100のこと』感想レビュー口コミ記事からです。そちらもおすすめなのでぜひご覧ください。

\本記事でご紹介した最新刊はこちら/
『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』

発売日:2024年6月26日
定価:759円(税込)

【累計160万部突破!】「60歳・100のこと」シリーズ最新刊は “ご機嫌でいるための100のこと” 6/26発売 イラッとする時間がもったいない! 自分の機嫌を自分でとるためのヒントが満載 株式会社 宝島社 2024年6月26日 16時00分 0 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関川誠)は、60歳以上の女性向けムック本「60歳・100のこと」シリーズの最新刊『60歳からいつもご機嫌でいるための100のこと』を、2024年6月26日(水)に発売します。 累計160万部を突破した本シリーズは、60歳以降の人生を豊かに生きるためのヒントやアドバイスを、その道の有識者だけでなく、該当世代の方々へのアンケートをもとに作成。シリーズ第1弾『60歳すぎたらやめて幸せになれる100のこと』は、発売直後から全国の書店で売り上げ1位を獲得し、2022年上半期で最も売れた(※)ムック本となりました。 シリーズ6冊目の最新刊のテーマは「ご機嫌でいること」。「イラッとする時間がもったいない!」をコンセプトに自分の機嫌を自分でとるためのヒントやアイデアを、「不機嫌な人に振り回されない」「不機嫌は素早く切り替える」「習慣と暮らしでご機嫌に」「上手な終活」など様々な切り口で100例集めました。そのほか、女優・宮崎美子さんの上機嫌の秘訣や、由美かおるさんのインタビューなどを掲載しています。 ※⽇販オープンネットワーク「WIN」調べ

⚡イラッとする時間がもったいない!
🎤女優 宮崎美子さん
鈍感力で空気を読まない
夫の不機嫌には倍返し!
たまに食べる鰻とお刺身
娘との電話は1分以内に
プチ家出で気分転換
怒っていても口角だけは上げる
イケメン医者がいれば通院も楽しい
貯金通帳を覗いてにんまり
🎤由美かおるさん:不機嫌はお互い様
🎤キャシー中島さん:私を支える人生の相棒
🎤荻原博子さん:お金の心配を吹き飛ばす
🎤多良久美子さん:私の「前向きスイッチ」
自分を大切に、笑顔で生きる

いつ会ってもご機嫌な人、なぜかいつも不機嫌な人、いませんか? 気分が晴れない、イライラするときに不機嫌のまま過ごすなんて、人生がもったいない!自分にご褒美をあげたり、好きなことをして嫌な気持ちはスパッと切り離して、心穏やかに過ごすほうがよっぽど有意義です。

「好きなものを食べる」「体を動かす」「気が置けない人とのおしゃべり」「旅に出る」「しっかりと睡眠を取る」など、自分のご機嫌の取り方を紹介。また、機嫌が悪い人と接して、せっかくご機嫌に過ごしているのにトバッチリを受けたときの回復法や距離の取り方も紹介。

これからの人生をご機嫌で過ごすために、済ませておきたいお金や相続のこと、終活についても解説します。

👑宝島社さまの女性誌&ムック 開封・感想レビュー口コミ記事一覧はこちら

Presenter

四方山 五十子
アラフィフ担当
四方山 五十子
常に「痩せたい」と思っている50代のお気楽主婦。子どもの手が離れたので、これから趣味や仕事を見つけて輝きたい︕とワクワクしている。
夢:シニアモデルになること
趣味:デパ地下めぐり

Recommend