• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Instagram
  • Amebaブログ
  • YouTube

体験

ご招待券🎁読者プレゼントあり【内覧会レポート】大盛況の「創刊50周年記念 花とゆめ展」✨気になる展示エリアやグッズ販売の様子、うっとり浸れる隣接コラボカフェなどを写真たっぷりでご紹介🎉これから展覧会にお出かけになる方のご参考にどうぞ✅

開催期間:2024年5/24(金)~6/30(日)

presenter エンドライター

【内覧会レポート】大盛況の「創刊50周年記念 花とゆめ展」✨気になる展示エリアやグッズ販売の様子、うっとり浸れる隣接コラボカフェなどを写真たっぷりでご紹介!これから展覧会にお出かけになる方のご参考にどうぞ✅

不朽の名作から人気の連載中作品までの原画が一堂に会する、まさに華やかで夢のような展覧会「創刊50周年記念 花とゆめ展」(主催:白泉社さま、産経新聞社さま)が、東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催中。少女漫画(少女まんが)を愛する大人女子が熱狂しています!

開催開幕に先立って行われたプレス内覧会で、一般の方では撮影NGのエリアも撮らせていただくことが叶いましたので、みどころと合わせてぜひご覧ください。

🎁【スタリス☆読者プレゼント】ご招待券5組10名様分をご用意いただきました。

会場に着く前からワクワクどきどき💛

道中から楽しめちゃいます

こちらから入って下さいね

(写真右)エントランスには歴代名作のバナーとともに、巨大なアニバーサリーケーキタワーが登場!

「創刊50周年記念 花とゆめ展」は、六本木ヒルズ森タワー52 階 東京シティビューで開催中。
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口からなら徒歩3分(コンコースにて直結)、会場に向かう途中にも素敵なポスターを各所で目にすることができるので、気持ちが高まります。

開催場所の東京シティビューは、海抜250メートルに位置し、天高11メートル、全面ガラス張りの開放感あふれる空間。最高の眺望と一緒に楽しめる、まさに夢のような天空の展覧会となっています!

『花とゆめ』編集部の現・元編集長によるトークショー

プレス内覧会では、『花とゆめ』編集部の
現・元編集長によるトークショーが行われ、
50年に渡って愛され続ける『花とゆめ』の
魅力が熱く語られました。

高田氏は「初代編集長以来の『おもしろければ
なんでもあり』という精神に共鳴してくださっ
た作家さんのバラエティ豊かな強い個性が、
『花とゆめ』を作ってきてくれた」と振り返り
ました。

(左)長谷川 貴広・現編集長 / (右)高田 英之・元編集長(現編集部長)

一緒にパーティーに参加しているよう💛連載中作品の美しいキャラクターたちの等身大パネルがお出迎え

また、長年愛されてきた理由を問われると、
長谷川氏は「親子、孫と三代で読みついで
もらっている。流行りだけにとらわれない、
いつの時代にも通じる普遍的なテーマを描か
れる作家さんが多かったからでは」と分析。

歴代の名作の魂を込めて描かれた原画が
これほどの多さで集うのは今回が初 !
「普遍的な名作ばかりなので、自分が知らない
時代の作品も読んでもらえたら」など、全ての
お言葉に納得&感動です。

(左)テーマは「パーティー」(右)私が主役!?表紙に入れる、素敵すぎるフォトスポット

総勢74名の作家による約200点の尊い原画が展示される華やかな本展。
「50周年という節目を作家さん、読者のみなさんと楽しくお祝いしたい」という気持ちから、テーマは「パーティー」!お祝い感満載の楽しい雰囲気に彩られました。

エントランスには歴代名作のバナーとともに、巨大なアニバーサリーケーキタワーが登場!
さらにキャラクターの等身大パネルがお出迎え。また、トリコロールカラーでおなじみのコミックスの表紙の中に入り込めるようなフォトスポットもあるので、ぜひ写真撮影も愉しんでくださいね。

内覧会の時はスーツでしたが、プライベートで休日に伺う際は、「花ゆめのパーティーにお呼ばれしたようなコーデ」で行って写真を沢山撮影したいな♪と思いました。

展覧会会場の様子

『花とゆめ』の歴史を振り返る展示では
懐かしいコミックスの表紙がずらりと並び
「持ってた~!」と盛り上がります。

「何度も読み返し、本棚に大切に並べていた
宝物だったな」と感慨深い気持ちになります。

『花とゆめ』の歴史も満喫💛

そしていよいよ一番のみどころ🎉
総勢74名の作家様による約200点の
神々しい原画の展示がずらり。
その美しさに、思わずため息が...♪

レジェンド作品の楽しい名場面集も
あるのでどうぞお楽しみに。

近年の作品も読んでみたくなりました。

※本エリアは撮影不可のためご注意ください

『花とゆめ』の作品が切り開いてきた唯一無二の少女まんがの世界、読者のわたしたちに届けてきてくださったワクワクやときめき・・・感動の数々に胸がいっぱいになります。

ソロ活おひとりさまでじっくり鑑賞するのもよし、お友達やご家族と一緒にわいわい語り合いながら進むもよし。一度だけでなく、何度も通いたくなります。

リアル開催ならではの感動

アナログで作品を手掛ける草凪みずほ先生のお仕事机を再現したコーナー

デジタルで作品を手掛ける福山リョウコ先生のデスクを再現したコーナー

貴重なふろくを展示するコーナー

草凪みずほ・福山リョウコ両先生のデスクを再現したコーナーもありました。画材や資料、息抜きアイテムなどから、お二人の創作活動に迫ります!(※本エリアは撮影不可のためご注意ください)

お小遣いをためて買った大好きな漫画の原画を生で観ることができたり、懐かしいふろく(付録)や、コミックの表紙も見ることができて、まるでタイムスリップしたよう。

ファンなら、思わずはしゃいで元気が出ること間違いなし。また、この展覧会を機に大ファンになる方も多いのでは。いつまでも瑞々しい少女の心を持ちながら日々頑張る素敵な大人女子たちに、エールとパワーを贈ってもらえる素晴らしく有難い展覧会となっています。

「参加型」を楽しんで♪

体験コーナーも愉しめます!

作家さんや作品の知られざるエピソードを
編集部員がこっそり語る「編集部のひみつ
の小窓」
は、自分の手でそ~っと開いて、
窓からのぞき見るような仕掛け。

さすが花ゆめさん、遊び心が素敵ですよね!
お子様も喜ぶので、ぜひご一緒にどうぞ。

「編集部のひみつの小窓」

「パタリロ! おみくじ」

展示室の最後に待ち受けるのは
輝く(?)黄金のパタリロ像✨

名言満載の「パタリロ!おみくじ」
も1枚引くことができます♪
全部で22種類あるそうなので、
どんな名言が飛び出すかワクワク。

来場記念にお試しください。

「推しシェアボード」内覧会で撮影したため、まだ1枚もかかっていない貴重なお写真です

「推しシェアボード」もご用意!
お好きなカラーのカードを選んで想いを書き込み、フックにかけてからお帰りくださいね。
他の方のカードを読んで、「わかるわかる~」など共感する楽しみも◎

\記念のサンキューカード/
来場者記念特典!ランダムに配られる「サンキューカード」も嬉しい🎉

大人気のグッズコーナーで🎁ワクワクをお持ち帰り

『創刊50周年記念 花とゆめ展』では
本展オリジナルグッズはもちろん、様々
なブランドとコラボレーションした貴重
なコラボグッズが登場🎀

ご自宅や職場でも『花とゆめ』の世界観
をお楽しみいただける、豪華ラインナップ
は売り切れ続出の大人気となっています。

(写真右)クルミッ子8個入かわるっ子【個数制限あり】

※本エリアは一般の方の撮影NGのためご注意ください

今回の展覧会を記念して作られたグッズ
は、「ポストカード(全78種)」や
「トートバッグ~リバイバルデザイン~」
「F0アートパネル」「F3アートパネル」
「クリアカード」「シーチングトート」etc.
他にもTシャツや、アクリルスタンド
キーホルダーやキーチャームなど盛り沢山。

※随時【公式HP】から情報をご確認下さい。

家宝にして次世代に伝えたい!「花とゆめ展 展覧会公式図録」価格 3,800円(税込)判型 B5、全244ページ、並製 【購入限定数 5点まで】

\マストで買っていただきたい【超おすすめ】/
「花とゆめ展 展覧会公式図録」:本展出展作品のほか、あの頃の懐かしい表紙やふろくなどをご紹介する公式図録を販売。ここでしか読めない貴重なインタビューや豪華対談企画も収録!『花とゆめ』50年の軌跡が詰まった、「花ゆめ」ファン愛蔵間違いなしの1冊です。
<収録内容>
作家インタビュー(美内すずえ、山内直実、由貴香織里)
鈴木ジュリエッタ×師走ゆき対談  /   日渡早紀×風間俊介対談
「夢みよう! そして行くのさ 『花とゆめ』の来し方と行く末」小田真琴
「『花とゆめ』は物語作りの教科書でした」冲方丁 ほか

コラボカフェで余韻を味わって

カフェ「THE SUN & THE MOON」

展覧会会場に隣接しているので便利です

※スキップ・ビート!のShow-Bizパフェは【1日限定20食】 🄫美内すずえ・和田慎二・日渡早紀・羅川真里茂・高屋奈月・仲村佳樹・中条比紗也・草凪みずほ/白泉社

本展の開催を記念し、展覧会会場に隣接する明るいカフェ「THE SUN & THE MOON」にて本展との素敵なコラボカフェを実施しています。展覧会を観た後は、こちらで「推しトーク」や名作まんが(漫画)について語り合ってみてはいかがでしょうか。
コラボメニューをご注文の方にはランダムで🎁特製コースターをプレゼントしてくださるそうなので、また1つ素敵な記念が増えますね!

◆詳しいメニューなどのご紹介記事はこちら 

\ 追記 🎁 読者プレゼント/

光栄なことに「創刊50周年記念 花とゆめ展」ご招待券を広報さまからご用意いただき、【スタリス☆横浜】読者さまやフォロワーさまの中から抽選で【5組10名様】に🎁プレゼントできることとなりました!

※長期フォロワーさまを優先する場合があります
※スカウト枠あり
※ご応募締切は6/14(金)・当選者さまにのみご連絡
(会期が6/30(日)までなのでご注意ください)

「自腹で行ったけれどもう一度、その時に売り切れだったグッズを買いに行きたい!」「花とゆめのファンの母親を連れていきたい!」などありましたら、ぜひご応募ください。

応募方法は3種類

①スタリス広報アカウント X をフォロー
#スタリス読者プレゼント をつけて本記事をシェア

②スタリスライターInstagramをフォロー
こちらのコメント欄に「花とゆめ展 読者プレゼント希望」とコメント
または #スタリス読者プレゼント をつけて本記事をインスタでシェア

③その他の※ご応募方法はこちらから
スタリス 読者プレゼント 応募フォーム

【編集後記】
不朽の名作から人気の連載中作品までの原画が一堂に会する展覧会「創刊50周年記念 花とゆめ展」の内覧会レポートをお届けしました。お出かけになる際の参考になれば幸いです。

少女漫画はただの娯楽ではなく心に残る大切な想い出、そしてそこから人生が変わった方、様々な学びを得た方や励まされた方もきっと多くいらっしゃるのではないでしょうか。
(ちなみに筆者は「はみだしっ子シリーズ」(三原順先生)と「ガラスの仮面」(美内すずえ先生)に大きく影響を受け、頑張るパワーをいただきました。)

いつも一生懸命、心を込めて素晴らしい作品を真摯に生み出してくださる作家さんや編集部&出版社の皆様、そして今回のような素晴らしい展覧会を開いてくださったご関係者様に心より感謝申し上げます。ぜひお洒落して「パーティー(花ゆめ展)」に参加しましょう!!

花とゆめ 内覧会の様子:多くのメディアが集まり大盛況でした! 感想クチコミレビュー 展覧会(写真)内覧会の様子:多くのメディアが集まり大盛況でした!

●展覧会名:創刊50周年記念 花とゆめ展
(英名:50th Anniversary Hana to Yume Exhibition)
●会期:2024年5月24日(金)〜6月30日(日)
●開館時間:10:00~22:00(最終入館21:00)
●会場:東京シティビュー(東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52 階)


●主催:白泉社、産経新聞社

東京シティビュー(東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52 階)

●チケット情報はこちら

●入館料:日時指定券
一般/平日2,200円 土・日・祝日 2,400円
学生(高校・大学生)/平日1,600円 土・日・祝日 1,700円
子供(4歳~中学生)/平日900円 土・日・祝日 1,000円
シニア(65歳以上)/平日1,900円 土・日・祝日 2,100円

※いずれも税込 ※障がい者手帳をお持ちの方とその介助者(1名まで)は無料 ※3歳以下無料 ※東京シティビュー(展望台)の入館券ではご入場いただけないエリアがございます。(追加料金が別途かかります。)

花とゆめ展 ポスター

©美内すずえ・山岸凉子・和田慎二・魔夜峰央・山内直実・河惣益巳・日渡早紀・羅川真里茂・山田南平・高屋奈月・仲村佳樹・中条比紗也・日高万里・樋口橘・福山リョウコ・草凪みずほ・鈴木ジュリエッタ・ミユキ蜜蜂・師走ゆき/白泉社 🄫佐々木倫子/小学館

●展覧会公式ホームページはこちら
●展覧会公式X・Instagram:@hanayumeten
●お問い合わせ先:お問い合わせは展覧会公式ホームページから

展覧会名:創刊50周年記念 花とゆめ展 音声ガイド

◆音声ガイドの詳細はこちら

Presenter

エンドライター
コミックエッセイ研究家
エンドライター
「奥様は魔女」の母エンドラに憧れているマルチライター。数誌の読モや有名誌ライターを経て色々な媒体で活躍中。コミックエッセイの蔵書は数百冊にものぼり【コミックエッセイ研究家】としてひっそりデビュー。
好きなもの:珈琲と酒 工場見学