• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

女子旅・おでかけ

【ご招待券🎁5組10名様】アートな女子旅♪【山梨県立美術館】「米倉壽仁(よねくら ひさひと)展  透明ナ歳月 詩情(ポエジイ)のシュルレアリスム画家」開催!サルバドール・ダリ、マックス・エルンストといった海外のシュルレアリスム画家や、米倉と関連する画家の作品もあわせてご紹介

開催期間:2022年11月19日(土)〜2023年1月22日(日)

presenter スタリス☆委員会

米倉壽仁展 透明ナ歳月 詩情ポエジイのシュルレアリスム画家 開催期間:2022年11月19日(土)〜2023年1月22日(日) 山梨県立美術館にて、「米倉壽仁展 透明ナ歳月 詩情(ポエジイ)のシュルレアリスム画家」を2022年11月19日(土)から開催いたします。激動の時代であった20世紀をとおして、「芸術とは何か?」を思考し続けた米倉壽仁。明治末期の山梨に生まれた米倉は、第一次世界大戦後のフランスから世界中に広がったシュルレアリスム(超現実主義)に独学で取り組んだ画家、詩人です。本展では、当館所蔵作品を中心に米倉のおもな画業をたどるとともに、福沢一郎や北脇昇といった米倉が関わった画家や、サルバドール・ダリやマックス・エルンストなど当時の日本の画家たちが影響を受けた海外画家の作品もあわせて展示します。

米倉壽仁 《ヨーロッパの危機》 1936年 山梨県立美術館蔵

山梨県立美術館にて、「米倉壽仁展 透明ナ歳月 詩情(ポエジイ)のシュルレアリスム画家」を2022年11月19日(土)から開催します。山梨県出身の画家・米倉壽仁の画業を網羅的に紹介するおよそ40年ぶりの個展とのこと!当館では初展示となる米倉作品や、新発見の資料もどうぞお見逃しなく。

【読者プレゼント】ご招待券もご用意!ぜひ芸術の秋の女子旅にご利用ください。

米倉壽仁 / 展覧会概要

山梨県出身の画家・米倉壽仁

米倉壽仁(よねくら・ひさひと)
1905(明治38)年~1994(平成6)年

山梨県甲府市生まれ
甲府市出身の米倉は、東京で福沢一郎など前衛画家が集まる「独立美術協会」に参加し、その後、シュルレアリスム画家たちが多く集まった「創紀美術協会」、「美術文化協会」の創立メンバーとなった。

戦後は東京で「サロン・ド・ジュワン」を結成、郷里の山梨においても「山梨美術協会」など絵画団体の発展に寄与した。

絵画制作の他に詩作も行い、詩集『透明ナ歳月』をはじめとする多数の詩やエッセイを発表した。
【展覧会概要】
激動の時代であった20世紀をとおして、「芸術とは何か?」を思考し続けた米倉壽仁(1905〜1994年)。明治末期の山梨に生まれた米倉は、第一次世界大戦後のフランスから世界中に広がったシュルレアリスム(超現実主義)に独学で取り組んだ画家、詩人です。

シュルレアリスムとは、理性による制約や先入観を離れた人間の無意識下にあるものを表そうとする芸術運動をさします。米倉は、戦前から前衛画家が集った「美術文化協会」や、戦後に自身が結成した「サロン・ド・ジュワン」などで詩情あふれる幻想的な絵画作品を発表すると同時に、詩集『透明ナ歳月』(1937年)をはじめとする文芸作品にも取り組みました。

本展では、当館所蔵作品を中心に米倉のおもな画業をたどるとともに、福沢一郎や北脇昇といった米倉が関わった画家や、サルバドール・ダリやマックス・エルンストなど当時の日本の画家たちが影響を受けた海外画家の作品もあわせて展示します。
明治から平成の⻑きにわたる歳月を、自己の芸術の達成に捧げた1人の芸術家に迫ります。

章構成

第1章「夜明けの先觸(さきぶれ)」 シュルレアリスムの衝撃 1920年代~30年代初め

米倉は青春時代に詩人をめざし、
シュルレアリスム的な傾向のある詩
作もおこなっていましたが、1931年
に《ジャン・コクトオの「夜曲」に
よる》で二科展にデビューしたこと
をきっかけに画家を志すようになり
ました。

第1章では、若き米倉が手がけた絵
画や詩、雑誌の装幀などを紹介しま
す。また、米倉が影響を受けたサル
バドール・ダリやマックス・エルン
ストといった海外のシュルレアリス
ム画家の作品もあわせて紹介します。

米倉壽仁 《ジャン・コクトオの「夜曲」による》 1979年(原画1931年) 山梨県立美術館蔵

米倉壽仁 《モニュメント》 1937年 山梨県立美術館蔵

第2章「透明ナ歳月」 シュルレアリスム絵画の模索 1930年代後半~40年代初め

画家を志すようになった米倉は、上京して前衛
画家たちが集まるグループに入ります。シュル
レアリスム絵画を日本に紹介した福沢一郎らが
活躍する「独立美術協会」などへの参加を経て、
福沢らと新たに「創紀美術協会」「美術文化協
会」を創設し、前衛画家の一員として精力的な
創作活動をおこないます。
1930年代後半、戦争の足音とともに自由な芸術
に対する締めつけが厳しくなる中、画家仲間と
ともに前衛芸術の可能性を信じて数多くの作品
を描きました。
この頃の作品には特にサルバドール・ダリの
影響が色濃く見られます。

米倉壽仁 《早春》 1940年 山梨県立美術館蔵

第3章「振動する振子」 前衛画家たちとの交流 1930年代後半〜40年代
米倉の周囲には多くの前衛画家がいました。米倉が師と仰いだ福沢一郎をはじめ、「美術文化協会」などで交流した北脇昇、寺田政明、浜松小源太、眞島建三、古沢岩美といった画家たちです。
当時、決して芸術家たちに対して寛容であったとは言えない社会情勢の中で、画家たちはそれぞれの表現を追究しました。なかには戦争や病で早世した画家もいますが、作品にはまぎれもない命の痕跡が残されています。

第4章「美術は人間性である」 戦後の変化 1940年代後半〜50年代
戦中は戦争に関連する作品も描き、疎開して戦禍をくぐり抜けた米倉は、戦後すぐ東京に戻り創作活動を再開します。「美術文化協会」を脱会した米倉は、画家グループ「サロン・ド・ジュワン」を結成し、1952年から晩年近くまでこの団体を基盤として制作活動をおこないました。
戦後の作品からはダリの影響が次第に影をひそめ、より複雑な画面構成をもつ作品や、仏教的要素をモチーフとした作品など戦前とは異なる傾向の作品も描かれました。

米倉壽仁 《黒い太陽》 1954年 山梨県立美術館蔵

第5章「和して同ぜず」 サロン・ド・ジュワンの画家たち 1950年代
米倉が中心となって結成した「サロン・ド・ジュワン」にはさまざまな画家が集いました。「美術文化協会」の頃からの仲間である眞島建三や堀田操、同郷の濱田稔といった画家たちが、米倉とともに戦後の新しい芸術を模索しました。特に50年代には美術批評家たちの注目を集め、さまざまな試みがおこなわれました。

第6章「人生より芸術は永い」 終わらない探求 1960年代以降
60年代以降は抽象化の傾向も見られるようになりますが、最後まで完全な抽象絵画に移行することはありませんでした。具体的な事物ではなく、文字や幾何学的な図形や線を多用したり、白い絵具に厚みをもたせてニュアンスを出してみたりと、絵画表現の探求は終わりませんでした。
「サロン・ド・ジュワン」への出品を継続したほか、「山梨美術協会」や「ボロー」といった郷里の絵画団体の発展にも寄与しました。1979年、74歳の年に当館で個展が開催され、画業の振り返りがなされましたが、その後も晩年に至るまで制作を続けました。

【読者プレゼント】ご招待券5組10名様

「米倉壽仁展 透明ナ歳月 詩情(ポエジイ)
のシュルレアリスム画家」
(2022/11/19~2023/1/22)

【スタリス☆横浜】をご覧の方に
芸術の秋♪アートな女子旅に嬉しい
ご招待券5組10名様にプレゼント!

◆応募締切は11/18(金)です。

山梨県立美術館さま

ご応募方法
1:【スタリス☆横浜】の「ツィッター」をフォロー
2:【スタリス☆横浜】のお問合せフォームから、アカウントのお名前を明記の上ご応募ください
3:チケットの発送をもって当選とかえさせていただきます。(11/25までにご郵送します)

(※)いただいた個人情報は厳重に管理し、ご招待券のご連絡とご郵送にのみ使用します。

【みどころ】

米倉壽仁 《ヨーロッパの危機》 1936年 山梨県立美術館蔵

・山梨県出身の画家・米倉壽仁の画業を網羅的に紹介するおよそ40年ぶりの個展です。当館では初展示となる米倉作品や、新発見の資料も紹介します。

・サルバドール・ダリ、マックス・エルンストといった海外のシュルレアリスム画家や、福沢一郎、北脇昇、靉光といった米倉と関連する画家の作品もあわせて紹介します。

・シュルレアリスムの不思議な絵画の世界観を楽しめる展覧会です。

\編集後記/
シュルレアリスムが大好きな私達も、ぜひ伺いたいと思います!またご報告します♪

◆【開催概要】や詳細はこちらのページをどうぞ

🍷

会場 :山梨県立美術館【 公式サイト】 ☎ 055-228-3322
住所: 山梨県甲府市貢川1-4-27  展示室 山梨県立美術館 特別展示室

🎨
主催:山梨県立美術館、テレビ山梨

後援 :NHK甲府放送局、山梨日日新聞社・山梨放送、テレビ朝日甲府支局、朝日新聞甲府総局、毎日新聞甲府支局、読売新聞甲府支局、産経新聞甲府支局、共同通信社甲府支局、時事通信社甲府支局、山梨新報社、日本ネットワークサービス、エフエム富士、エフエム甲府
協力 :山梨交通

 

\関連イベント/

講演会「日本のシュルレアリスム絵画−イメージの処方−」
「米倉壽仁の生涯と芸術」
・日時 12月10日(土)13:30〜15:30頃
・講師 速水豊氏(三重県立美術館館⻑)、森川もなみ(当館学芸員)
・会場 講堂
※聴講無料、申込不要、先着50名程度(予定)

ワークショップ「シュールな世界へようこそ!」
シュルレアリスムの技法や考え方を使って絵を描いてみましょう。あなた自身も気づいていない自分に出会うかも…?
・日時 11月27日(日) ① 10:00〜12:00 ② 13:30〜15:30
・定員 各回20名程度   ・対象 どなたでも
・申込方法 電話でお申込みください。Tel: 055-228-3322
・申込期間 10月25日(火)〜 定員になり次第締切
※参加無料

ミュージアム・シアター 「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」
(2015年、台湾、音声・字幕:日本語、162分)
日本でシュルレアリスムが隆盛した1930年代、日本統治下の台湾に現れた日本語によるモダニズム詩グループ「風車詩社」。日本のシュルレアリスムの動向とともに、台湾のシュルレアリストたちが残した貴重な資料をまとめた文芸映画。
・日時 12月17日(土)13:30〜 ※鑑賞無料、申込不要、先着50名程度(予定)

●その他のイベント情報、レストランメニューなどにつきましては、
チラシやホームページなどでお知らせします

Presenter

スタリス☆委員会
企画・製作
スタリス☆委員会
求人情報・モニター募集・読者プレゼント・イベント企画なども担当し、スタリスを盛り上げます。皆様に愉しんでいただけるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します☆