• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

女子旅・おでかけ

【星のや京都】雅な屋形舟を貸し切り優雅に涼を楽しむ「奥嵐山の納涼舟」開催【1日1組限定!】 涼やかな渓谷の風とともに特製の涼菓を味わう朝の舟遊び

2022年7月1日~8月31日

presenter 広報女史

【星のや京都】1日1組限定!雅な屋形舟を貸し切り優雅に涼を楽しむ「奥嵐山の納涼舟」開催 涼やかな渓谷の風とともに特製の涼菓を味わう朝の舟遊び

各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。
京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2022年7月1日~8月31日の期間、雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り優雅に涼を楽しむ「奥嵐山の納涼舟」を開催します。

特徴1 翡翠色の大堰川で屋形舟「翡翠」に乗り、身体全体で涼を感じる

星のや京都の目の前を流れる大堰川は、両岸の小倉山や嵐山の青もみじと翡翠色の水面が目に涼やかな場所。水面に近い屋形舟からは、渓谷を吹き抜ける涼しい風や青もみじが風になびく音など、身体全体で涼を感じられます。

静かな朝の時間帯に翡翠を出すことで、涼やかな渓谷の景色を独り占めできます。

特徴2 盆景(ぼんけい)涼菓と冷抹茶で涼を味わう

翡翠の中では、盆景涼菓とスタッフが点てる冷抹茶を味わいます。
盆景とは、盆上にあらゆる大自然の情景を立体的に表現してその美と寂(さび)をめでる日本独特の風流なあそび。

本アクティビティでは、夏の果物を使ったソルベや麩まんじゅうなどの涼やかな菓子で奥嵐山の情景を表現しました。冷抹茶とは、濃い目に点てた抹茶に氷を入れて冷たくしたもので、夏ならではの飲み物です。涼やかな渓谷の風情と共に盆景涼菓と冷抹茶を味わうことで、自然の涼やかさを感じることができます。

特徴3 浴衣に着替え、涼をまとう

浴衣に着替えて舟遊びを楽しみます。浴衣は、木綿地が素肌に心地よく、袖から風が抜ける夏ならではの涼やかな装い。
色とりどりの浴衣と帯から自分好みの組み合わせに着替え、舟遊びを楽しむことができます。

特徴4 雅な屋形舟「翡翠」を貸し切る

雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り、プライベートな空間でくつろぎながら舟遊びを楽しむことができます。翡翠は、京都で古くから親しまれてきた建材や装飾を用いて京都の伝統工芸に囲まれる雅な空間に仕上げた星のや京都専用の屋形舟。

例えば、舟枠には書院造に用いられる北山杉やヒノキ材を使用し、木材の先端を覆う木口かくしには、古くから寺院や仏閣などの柱や天井の装飾に見られる銅の金具を用いました。
舟内には京町屋の犬矢来をイメージした竹の背もたれや、草木花で染め上げた柔らかな風合いのクッションを設えています。また、舟の側面の御簾を降ろすことでプライベートな空間を楽しむこともできます。翡翠の屋根には特殊なガラスがはめ込まれており、スイッチを押すことで、雪見障子を開けるように白から透明に色が切り替えられます。

嵐山の渓谷と青空を見上げて楽しむことができる、これまでにない屋形舟です。

開発背景

星のや京都が位置する嵐山は、風光明媚(ふうこうめいび)な自然が今なお残る場所で、夏には渓谷の青もみじがやわらかな木陰をつくり、翡翠色の大堰川の流れが涼しい風を生む場所。

盆地である京都は古くから夏の暑さが厳しい場所で、平安貴族は涼を求めて嵐山に別荘を構え、夏を過ごしていました。平安貴族が渓谷の風景を愛でながら詩歌管弦に興じて舟遊びを楽しんでいた風情になぞらえ、夏の朝に涼を感じながら優雅な時間を過ごしてほしいと考えてこのアクティビティを開発しました。

「奥嵐山の納涼舟」概要

期間    :2022年7月1日~8月31日
時間    :9:30~10:20
料金    :1組58,000円(税・サービス料込、宿泊料別)
含まれるもの:雅な屋形舟「翡翠」の貸し切り、盆景涼菓、冷抹茶、浴衣の着付け
定員    :1日1組(1~3名)
予約    :【公式サイト】にて7日前まで受付
場所    :星のや京都
対象    :宿泊者
備考    :天候により、当日でも運航中止や運航時間変更の可能性があります。
星のや京都の目の前を流れる大堰川(おおいがわ)から、朝日に輝く翡翠色の水面と涼やかな青もみじを眺めながら、特製の涼菓と冷抹茶を味わいます。平安貴族が夏に涼を求めて舟遊びを楽しんだ嵐山で、優雅に涼を感じる時間を過ごせます。

特別な体験を、ぜひどうぞ。

星のや

「夢中になるという休息」をコンセプトに、各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。国内外に展開する各施設では、その土地の風土、歴史、文化が滞在時間を豊かにするものとしておもてなしに織り込み、訪れた人を日々の時間の流れから解き放ち、特別な非日常へいざないます。

星のや京都

平安貴族が別邸を構えた京都府・嵐山。渡月橋から船に乗り、大堰川を遡ると現れる水辺の私邸。京都に息づく日本の伝統技法を感じる客室、伝統的な日本料理に軽やかな遊び心を加えた料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界を楽しめるリゾートです。
〒616-0007 京都府京都市西京区嵐山元録山町11-2/客室数:25室

Presenter

広報女史
広報PR担当
広報女史
本人は至って普通なのに、美人で素敵な広報・プレスの友人が多いOL。気になる商品や、良質なサービスを厳選してご紹介します。憧れセレブや先輩インタビューも連載でお届け予定♪
趣味:GOLF 女子会