• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ

お仕事

羽生結弦さんが3度めの表紙。蜷川実花フォトグラファーの撮り下ろしで「AERA」に登場しました!

presenter ブラックロータス

情報提供:朝日新聞出版

羽生結弦さんが「AERA」に登場!写真は蜷川実花の撮り下ろし! 株式会社朝日新聞出版 ニュース週刊誌「AERA」は、2月10 日発売の2月19日増大号の表紙に、男子フィギュアスケート平昌五輪代表の羽生結弦さんを起用しました。本誌表紙フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしです。

ニュース週刊誌「AERA」は、2月10日発売の2月19日増大号の表紙に、男子フィギュアスケート平昌五輪代表の羽生結弦さんを起用しました。本誌表紙フォトグラファー蜷川実花さんの撮り下ろしです。

三度目の登場

羽生結弦さんがアエラの表紙に登場するのは、2011年11月、14年11月に続いて3度目。最初の登場の後の11-12年シーズンは、初出場した世界選手権で銅メダル。日本男子史上最年少の17歳3カ月でワールドメダリストとなり、世界中が羽生結弦というフィギュアスケーターを知ることになりました。

オリンピックチャンピオンとして2度目の登場を果たした後の14-15年シーズンは、リンク上での衝突事故や手術などアクシデントに見舞われながら、グランプリファイナル2連覇を達成。やはり記憶に残るシーズンになりました。3度目の今回は、連覇のかかった平昌五輪での演技に期待が高まります。
「表紙の人」のインタビューでは、取材などで自身が話をすることが、後の自分にとってどんな意味を持つのか、羽生さんらしい言葉で語ります。中面では、やはり蜷川実花さんが撮り下ろした写真とともに、平昌五輪で予想される羽生さんのプログラムについて、詳細な分析を試みる内容になっています。

AERA (アエラ) 2018年 2/5 号

【表紙】羽生結弦さん
(男子フィギュアスケート平昌五輪代表)

【インタビュー】
羽生結弦の平昌五輪が始まった
プログラムの詳細分析で見えた「連覇」の秘策
「4回転ルッツ」「4回転ループ」は回避していい/それでもミスがなければ320点超
雑誌:AERA (アエラ) 2018年 2/5 号
特別定価:410円(税込)
発売日:2018年2月10日

出版社: 朝日新聞出版
言語: 日本語 ASIN: B0798GMZRK
梱包サイズ: 27.8 x 20.4 x 0.8 cm

ベストセラー1位☆口コミ多数。(詳細は画像をクリックしてご覧ください)

Presenter

ブラックロータス
毒舌辛口&芸能担当
ブラックロータス
謎の「芸能界&人間ウォッチャー」。お笑いとモノマネを見るのが大好き。 夢:玉の輿 NHKのど自慢に出ること  趣味:お見合い ボウリング