• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

体験

【両国】泊まれるシアター8/23にOPEN!早くも年内週末予約満室☆彡お茶・映画・旅 がテーマで話題の”「Theater Zzz(シアターズィー)」 で大人女子会はいかが?

「数寄と出会い、風景が重なる舞台」がコンセプト

presenter プチプラッコ

「Theater Zzz」(シアターズィー)

2020年を前に盛り上がりを見せるイーストトーキョーエリアで、海外からの旅行者や、地域の方々、そしてお茶や映画や旅が好きな方々が垣根を超えて交流し、文化を発信する場として、この度蒼樹(ソーウッド)株式会社(本社:東京都墨田区 代表取締役:包 怡萱(バオ イーシャン))は、「数寄と出会い、風景が重なる舞台」をコンセプトとした、お茶・映画・旅の3つの要素が集約した宿泊施設、泊まれるシアター「Theater Zzz」(シアターズィー)のオープンいたします。

2020年を前に盛り上がりを見せるイーストトーキョーエリアで、海外からの旅行者や、地域の方々、そしてお茶や映画や旅が好きな方々が垣根を超えて交流し、文化を発信する場として、この度蒼樹(ソーウッド)株式会社は、「数寄と出会い、風景が重なる舞台」をコンセプトとした、お茶・映画・旅の3つの要素が集約した宿泊施設、泊まれるシアター「Theater Zzz」(シアターズィー)のオープンしました。

くつろぎのシアター×テントホステル空間

シアターイベント企画をプロデュースする「Do it Theater」とタッグを組み、“交流”をテーマにした英語字幕での日本映画の上映。

今後はゲストを呼んでの上映会など、様々なイベントを実施する予定♪ゆったりとしたくつろぎの空間で映画と楽しむことができ、夜は、そのままシアタースペースにテントを張り、宿泊が可能です。
「ものがたり食堂」プロデュースの朝食メニューも楽しむことができ、到着から出発まで、都心にいながら非日常を楽しむことができ、大人女子会やオフ会、チル会などの貸切お泊まり会に最適なチル空間となっています。

2020年に向け、映画だけではなくスポーツイベントや落語、ヨガ、伝統工芸ワークショップなどのイベントを開催予定というのだから、目が離せません!!

お茶にこだわる創造型茶屋「CHASURU」

ティーエッセイスト・日本茶アーティストの茂木 雅世がお茶の選定及びオリジナルレシピ開発監修する「CHASURU」。

宿泊施設と一体となっており、視覚で楽しめるドリンクや、一人一人の気分に合わせたブレンドティーを自らが選び、組み合わせ、お茶を入れるという特徴的なお茶「SUKICHA」や三角フラスコで楽しむタピオカドリンクなどを販売。
夜はお茶カクテルなど健康に配慮した独自のお酒メニューを提供。宿泊ゲストと地域の方々が隔たりなくコミュニケーションできる場となっています。

屋外劇場にヒントを得た空間設計

ちなみに宿泊ゲストに貸し出すパジャマや寝袋、オリジナルグッズであるトートバッグやTシャツ、館内のロゴデザインなどは全て自社で一からデザイン・パターン・製造管理を担当。

トータルでの空間デザインを統一することで、訪れたゲストの方に到着から出発まで非日常体験をご提供◎
本施設は、元々印刷工場だった倉庫を、シアターの起源である屋外劇場の形状を活かした都会のオアシスのような開放的な空間に。一つの空間を時間帯に合わせて複数の機能をもたらせることで空間と時間の有効活用を図り、「茶・映画・旅」それぞれの要素が時間とともに滲み出し成長していく空間設計となっています。

空間に合わせてオリジナルで制作した三角テーブルや、テントは組み合わせることで姿形を次々に変え、一人から多数の人々を繋げる役割を持ちます。

自宅では味わえない映像・音響環境

映像・音響環境は同じく東東京に拠点を構えるオンキヨーデジタルソリューションズ株式会社がインストールを担当。5,000ルーメンの高輝度4K HDR レーザープロジェクター と7.1chサラウンドのスピーカーで構成。

Ultra HD Blu-ray / Blu-ray / DVDの再生の他、HDMI外部入力端子もあるため、PCやスマートフォンなどの持ち込み機材の再生も可能。マイク・ミキサーも完備しているため、イベントやワークショップ、試写会などの利用も可能な環境となっています。

【編集後記】

東洋の建築の協会の曖昧さからヒントを得たテントでの宿泊は、パーソナルスペースの境界を曖昧にし、コミュニケーションが生まれやすい空間を作り出しているそう。

館内には会議室も完備しており、テント一つ一つを固定のコワーキングスペースとして利用していただくプランも今後用意する予定とのことなので、これからもまたご紹介していきます!(*‘∀‘)

◆料金や詳細は【公式HP】をご覧ください☆

Presenter

プチプラッコ
プチプラ記事担当
プチプラッコ
100均や3COINS等の【プチプラ】をこよなく愛し、インテリアやファッションに取り入れて楽しんでいる。
DIYにも手を出したい!という野望から、ホームセンターに通い始めたところ。