• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ

お仕事

横浜駅前にLED屋外広告ビジョン「YOKOHAMA VISION」が誕生☆ヨコハマから世界にカルチャーを発信!

~開発の進む横浜駅前に新たなLEDビジョン~

presenter スタリス☆委員会

YOKOHAMA VISION

LED TOKYOは、横浜駅前に新たに誕生したLED屋外広告ビジョン「YOKOHAMA VISION」の実現のため、「LEDビジョン」を導入しました。

YOKOHAMA VISION

「YOKOHAMA VISION(ヨコハマビジョン)」は、横浜駅きた西口前の立地にて広告事業をスタートした大型屋外用LEDビジョンです。

「株式会社オープンコルク」が運営し、カラオケや、飲食店などが店舗をかまえる「横浜プリンス会館」の建物外壁に設置されました。

「ヨコハマから世界にカルチャーを発信」をコンセプトに誕生した「YOKOHAMA VISION」は、このエリアの“新しい顔”として、早くも注目が集まっています。

ヨコハマから世界にカルチャーを発信

「YOKOHAMA VISION」が設置された横浜駅きた西口は、1日に約10万人の歩行者が通るエリアです。

さらに、東京オリンピックが開催される2020年には、長きにわたり進められてきた“横浜駅西口再開発”も終了し新たなランドマークが誕生する予定なので「横浜ブランド」の需要も一層高まると予想されています。

その横浜を冠した「YOKOHAMA VISION」は、大きなメディアとして発展していきそうですね。

180インチの大型LEDビジョン

高精細3.9mmピッチのLEDパネルを組み合わせ、横4メートル×縦2.5メートル、約180インチの大型サイズを実現した「YOKOHAMA VISION」は、朝・昼・夜の3部制で放映するコンテンツを構成し放映がスタートしています。

朝は通勤に役立つ情報や、昼は音楽チャンネルの放映、夜はエンタメ関連と通行する人々の「今」に合わせ、今後は地元クリエイターの作品放映など地域連携も視野に運用されるようです。

キャンペーンも開始しているので、「YOKOHAMA VISION」の広告にご興味のある方は「株式会社オープンコルク」までお問合せください。

街頭ビジョンは「LEDビジョン」へ

LEDビジョンは、パネルの組み合わせだけで大きさや形を変更できるほか、屋外でも太陽の光に負けることなく明るく高精細な映像を放映することができます。

また、雨やほこりにも強い事から、広告パネルや電飾看板から“LEDビジョン”にバージョンアップされる方が増えています。

LED TOKYOでは、クライアント様の求めるニーズやアイディアに応え、全国どこでも設置に対応しているほか、LEDビジョンのデザインから映像編集までトータルサポートすることも出来ます。

LEDビジョンは「LED TOKYO」まで

LED TOKYOでは、大型LEDビジョン、屋外用、屋内用、床用、湾曲型、透過型、ボール型などのほか、液晶ディスプレイなど豊富なラインナップを揃えています。

大手中国メーカーから直接仕入れることで、他社には難しい圧倒的コストパフォーマンスを実現し、販売だけでなくレンタルサービスも提供中。

最高最良のLEDビジョン・液晶ディスプレイを、最安値で導入出来るのは、LED TOKYOだけなんだそうです(*‘∀‘)

Presenter

スタリス☆委員会
企画・製作
スタリス☆委員会
求人情報・モニター募集・読者プレゼント・イベント企画なども担当し、スタリスを盛り上げます。皆様に愉しんでいただけるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します☆