• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ

和文化

【そごう美術館】千住 博展~日本の美を極め、世界の美を拓く~高野山金剛峰寺襖絵完成記念

3/2(土)~4/14(日)

presenter スタリス☆委員会

そごう美術館

千住博展 現代日本画壇の旗手としてニューヨーク拠点に活躍されている千住博先生。 常に世界を見据え、日本画壇の新しい可能性を模索してきた千住博先生の作品の数々を一堂に取りそろえてご紹介いたします。

世界的に活躍する画家・千住博が、画業40余年の集大成として、高野山金剛峰寺の大主殿に襖絵を奉納することになりました。
本展では襖絵と床の間からなる障壁画44面の完成を記念して、奉納に先駆けてご紹介します。

3月2日(土)から公開スタート!

千住博画伯

軽井沢千住博美術館は、冬季休館中で3月1日から開館とのこと。

華麗なる千住一家としても有名で、弟は作曲家の千住明さん、妹はヴァイオリニストの千住真理子さん、お父様は工学博士の千住鎮雄氏、お母さまは教育評論家でエッセイストの千住文子さんです。

関連イベントもお見逃しなく

なんと千住博画伯ご本人がいらっしゃるスペシャルギャラリートークもあるとのことで、3月2日(土)スタートの大規模展がいまからとても楽しみですね。

日本画の新しい可能性を模索してきた、千住博画伯の素晴らしい作品をこの機会にぜひご覧ください。

【追記】いってきました!

特別内覧会にお招きいただき

鑑賞してきました!素晴らしかったです

高野山金剛峯寺襖絵 《瀧図》(部分) 2018年  185.5~367.0×2590.6cm 高野山金剛峯寺蔵

素晴らしすぎる作品の数々に、本当に感動しました!
千住博展 内覧会レポートやグッズのご紹介記事はこちらをご覧ください。

高野山金剛峯寺襖絵 《断崖図》(部分) 2018年 182.7×1676.6cm 高野山金剛峯寺蔵

◆そごう美術館【公式HP】をご覧ください

美術ファン必見!金剛峯寺襖絵完成記念【千住博展】をプロが語る 横浜【そごう美術館】で3/2から開催中の、高野山金剛峯寺 襖絵完成記念「千住 博展」~日本の美を極め、世界の美を拓く~内覧会レポートをお届けします。

【追記】千住博展にいってきました!
内覧会レポートはこちら

Presenter

スタリス☆委員会
企画・製作
スタリス☆委員会
求人情報・モニター募集・読者プレゼント・イベント企画なども担当し、スタリスを盛り上げます。皆様に愉しんでいただけるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します☆