• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

体験

【SWAN画廊】「おうち美術館」連載第3弾✨素敵な画伯夫人のご自宅インタビュー✨【新年特大号】記事と動画で心が澄み渡る絵画鑑賞をお愉しみください 

~故・浅生田光司画伯 夫人サブリナ幸子さんご出演~

presenter スタリス&画廊支配人

いつも「おうち美術館」をご覧いただきありがとうございます。今月も、浅生田 光司(あさおだ みつじ)画伯夫人サブリナ幸子さんの、ご自宅インタビューをお届けします。(by SWAN画廊

新年にふさわしい3枚をセレクト

「松」浅生田光司

この松は栗林公園(りつりんこうえん)の松です。海の風がすごく強いところに、頑張って根を張っています。とても我慢強くタフな松なので、皆様に元気を与えてくださる絵ではないかな、と思いました。

詳細は動画でご覧ください

「牡丹」浅生田光司

この牡丹の絵は、花、壺、テーブルのカットが軽妙で美しいですね。
先生が50代位の時の作品とのことです。

「早春の富士」(油彩 60号)浅生田光司

カレンダーの表紙にもなったこちらの作品は、浅生田光司画伯が70代後半の作品だそうです。(動画撮影後に訂正がありました)海外の山の絵が多い印象ですが、富士山もたくさん描いていらっしゃるそう。

詳細は動画でご覧ください

おうち美術館

浅生田光司画伯夫人 サブリナ幸子さん(横浜市内のご自宅にて)

サブリナ幸子さんとは年の差を感じない、大の仲良し。ときどきお打合せを兼ねた電話で、先生の素晴らしい絵について、あれこれ語り合いとても楽しいひとときを過ごしています。

浅生田画伯が大好きな「ミモザ」

このご自宅インタビュー「おうち美術館」を通して、横浜出身の洋画家(元横浜美術協会会長)浅生田光司画伯のことを、ひとりでも多くの方に知っていただけたら嬉しいです。

箱根の高級旅館がギャラリーに!?

浅生田画伯の絵画で、カナセキユニオン
創業者のコレクションだった素晴らしい
作品たち。

現在、箱根 天翠茶寮さまに、お貸出し
していて、そちらで7枚程、ご宿泊の際
ご覧いただくことが可能です。

多くの旅行客の目を楽しませています。
2022年は、病院や施設などに画伯の絵画を無償提供し、多くの方にご覧いただけるようなプロジェクトをボランティアで進行中です。
ぜひアートと横浜を愛する皆様にもお手伝いいただきたいので、詳細もうしばらくお待ちください。

【編集後記】

浅生田 光司(1925-2018)

浅生田光司画伯の富士山、ほかにもいただいたデータから2枚見つけました✨

横浜の実業家や有名企業の方が買ってくださっただけでなく、松屋銀座や横浜髙島屋などでも個展を複数回開催していますので、もしかしてお知り合いの方のお家や会社にも飾ってあるかもしれません♪

【スタリス☆横浜】は、アートのある暮らし+芸術家やスペシャリストを応援してまいります。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

先生は「地球は一つ」「みんな仲良くしようよ」というメッセージを、山や花の絵に込めている気がします。(浅生田画伯夫人:サブリナ幸子さん)

\ご自宅インタビュー動画はこちら/

 

SNS始めました

サブリナ幸子(画伯夫人) 
twitterはこちら    /   Instagram はこちら

(↑)#タグ付けや入力は【SWAN画廊】がお手伝いしています。
メッセージやコメントは幸子さんご本人が確認していますので、お気軽に絵画のご感想など入れていただけると嬉しいです。(※但しお返事やフォローバックができないことがありますので、ご了承ください。)

提供:【SWAN画廊

Presenter

すずき まき
スタリス&画廊支配人
すずき まき
20年に及ぶ企業や投資家の「女性目線コンサル・PR業務」の傍ら、メディアやブランドの立ち上げを数多く経験。生死に関わる大病を克服した自身の経験から【人と地域の応援】をテーマにスタリスを創設。リスタート時に始めた人気女性誌や、専門誌の仕事で培ったスキルと【ご縁】に感謝を込めて、複数の企業や媒体のお手伝いを現在も継続中です。