• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

和文化

【星のや東京】都心で江戸時代の暮らしを体験!食事や箱庭作り、人力車まで堪能する「東京・秋麗(しゅうれい)滞在」開催

期間:2021年9月1日~11月30日

presenter 伊奈 乃彩

【星のや東京】都心で江戸時代の暮らしを体験!食事や庭作り、人力車まで堪能する「東京・秋麗(しゅうれい)滞在」開催

日本旅館「星のや東京」は、2021年9月1日~11月30日の期間、江戸の暮らしに倣い、都心にいながら美しい秋の一日を堪能する「東京・秋麗滞在」を開催します。

季節の移ろいを身近に感じ、自然を愛でていた江戸時代の人々の秋の暮らしに倣ったアクティビティや、五穀や魚介、野菜など秋の味覚をふんだんに使った特別朝食を楽しめる1泊2日の滞在プログラムをご紹介します。

「東京・秋麗滞在」の特徴 1 客室にいながら秋を感じる

遊山に出かけ、四季折々の豊かな自然を
愛でていた江戸時代の人々は、秋は紅葉
狩りを楽しんでいました。

本プログラムでは、箱庭作りから着想を
得た「紅葉箱庭作り」を体験し、客室に
いながら、美しい秋の紅葉を楽しむこと
ができます。

箱庭作りから着想を得た「紅葉箱庭作り」を体験

参考:柴田謙介著「江戸の人々の暮らし大全」2015年

星のや東京館内の装飾を担当するデザイナーの勝亦友哉氏より、箱庭の歴史や作り方を教わり、赤や黄色に色づいた山の風景をイメージしながら、箱の中にオリジナルの秋の庭園を造ります。

箱庭は、江戸時代中期の園芸ブームのひとつとして庶民に親しまれていました。庭を持つことができなかった当時の町の人々は、小さな箱に木や石、人形などを配し、箱のなかに庭園を造り、鑑賞していたそう。作った箱庭は、客室に飾るだけでなく、持ち帰ることもできるので自宅でも紅葉狩り気分を味わえます。

2 虫の音を聞きながら涼しい秋の夜長を満喫する

人力車に乗り皇居を一周

夕食後は、星のや東京から人力車に乗り
皇居を一周します。

高い建物が少なく空が開けた皇居外苑で
いつもとは違った目線から夜空に浮かぶ
月や皇居のお濠の水面に映る月、遠くに
煌くビルの夜景を眺められるのは、夜の
人力車ならでは♡

秋の日本酒とおつまみのお団子をいただきながら、秋の夜長を満喫♪

空が澄む秋は、一年で最も月が美しく見える季節。お月見の風習が庶民に広まった江戸時代、人々は、虫の音を聞きながら月を眺めていました。十五夜や十三夜だけでなく、月に様々な名前を付けて宴を開き、長い秋の夜を楽しんでいました。

雲で月が隠れて見えないことを「無月」、雨で月が見えないことを「雨月」と呼び、当時の人々は実際に月が見えなくても、雲の裏にある月明かりを想像し、月が見えないことも風情と捉えていたと言われています。

人力車に乗った後は、秋の夜風を感じながら、行灯や虫かごが配された星のや広場にて、「ひやおろし」や「秋あがり」といった秋の日本酒とおつまみのお団子を味わいます。大手町にいながら、当時の人々の暮らしを身近に感じ、秋の夜長を満喫できます。

3 収穫に感謝し、五穀と秋の味覚を味わう

自然の恵みに感謝

江戸時代、稲刈りを迎える秋には、収穫に感謝し翌年の豊作を願う「秋祭り」が各地で開催されていました。飢饉が多かった江戸時代、秋祭りは人々にとって大切な行事のひとつでした。
お酒や収穫されたばかりの米や栗、秋鮭や秋が旬の芋などをお供えした後、それらを食べ、自然の恵みに感謝していました。

朝食では、当時の人々が秋によく食べていた五穀や旬の食材を使った特別朝食をご提供。栗ご飯や粟(あわ)と稗(ひえ)を使った雑穀サラダ、鮭のみそ焼きや、里芋と秋茄子の田楽などを味わえます。

滞在スケジュール例

都心にいながら美しい秋の一日をご堪能ください

<1日目>
15:00 チェックイン
16:00 客室で「紅葉箱庭作り」を楽しむ
18:00 ダイニングで夕食「Nipponキュイジーヌ ~発酵~」を堪能する
20:30 人力車で皇居周辺を巡り、涼しくなった秋の夜を満喫する
21:00 星のや広場にて、虫の音を聞きながら日本酒とお団子を味わう
22:00 秋の夜空を眺めながら、温泉にゆっくりと浸かる

<2日目>
06:45 「天空深呼吸」で身体を目覚めさせる
08:30 五穀と秋の食材を使った特別朝食を客室で味わう
12:00 チェックアウト

「東京・秋麗滞在」概要

■期間    :2021年9月1日~11月30日
料金    :1名104,000円、2名164,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
■予約方法  :【公式サイト】より14日前までに要予約
■含まれるもの:紅葉箱庭作り、夕食「Nipponキュイジーヌ ~発酵~」、人力車、
お月見セット(日本酒・お団子)、天空深呼吸、特別朝食
■定員    :1日1組(1~2名)
■対象    :星のや東京 ご宿泊者
■備考    :状況によりプログラムのスケジュール、内容が一部変更になる場合があります。

【編集後記】

江戸時代は泰平の世と言われ、花見や月見、
園芸など自然を愛でる文化が広まりました。

秋は、美しい紅葉や月が楽しめることから
人々は近郊の山に紅葉狩りに出かけたり、
水辺や高台から月を鑑賞したり。

また、庭で虫の音を聞きながら深まる秋を
感じるなど、五感を使い秋を満喫していた
と言われています。

星のや東京さんでは、そんな江戸時代の
人々の暮らしに倣い、「自然に触れる機会
の少ない現代の東京でも、美しい秋の自然
や旬の味覚を楽しんでほしい」という思い
から、本プログラムを開発したそう。

参考資料:二之宮隆 著
「旧暦で読み解く江戸」2013年

和文化研究家NOAが今一番体験したいプラン!

写真は星野リゾート 界 箱根 手業のひととき「箱根寄木細工職人さんの工房を訪ねるツアー」

星野リゾートさんの大ファンで、「界」ブランドさんの「手業のひととき」も感動しました。ぜひその体験レポート(動画付き)もご覧いただければ幸いです。

星のや東京さんはまだ伺ったことがないのですが、いま一番体験したい素敵な秋プランなので、ぜひ筆者も伺えたら嬉しいと思います!早くコロナがおさまりますように...。

星のや東京

「塔の日本旅館」をコンセプトに2016年7月に開業。
玄関で靴を脱ぎ、畳敷きの伝統的な和室や各階のお茶の間ラウンジ、
最上階に温泉を備える星のや初の都市型旅館。

〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1/客室数 84室

Presenter

伊奈 乃彩
エディター
伊奈 乃彩
徳川の寵愛を受けた歴史ある【花園山桜井寺】~弘仁4 年(813 年)建立~先代住職【俊英】の曾孫。「日本の財産でもあるお寺や神社にもっと足を運ぼう」をテーマに2015 年より寺社仏閣&和文化応援プロジェクトを開始。
趣味:着物 料理