• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ

美容

東日本大震災 3.11 を機にリスタート。自分らしく強く輝き、他人の力になりたい【DoCLASSE(ドゥクラッセ)】ブランドアンバサダー:佐藤千夏さん。40代50代の背中を押してくれる【9人委員会】とは

~離婚から起業そしてHAPPY再婚へ 「何歳からでも立ち直って輝いて」~

presenter スタリス&画廊支配人

取材協力:DoCLASSE(ドゥクラッセ)

ドゥクラッセ9人委員会 佐藤千夏 

【本記事は1/10に掲載した記事の再UPです。東日本大震災を機に、強くリスタートした素敵大人女子のSTORYをぜひご覧ください。】

皆さんは「DoCLASSE(ドゥクラッセ)」をご存知ですか。通販からスタートし、今では横浜でポルタやジョイナスに実店舗も入っているほどの人気ファッションブランドです。40代からの大人女子の洋服や、グループ会社のfitfitが取り扱う外反母趾に優しい靴も話題。

ファッションから始まる熟年革命

「DoCLASSEドゥクラッセ」は、2005年のThe Wall Street Journal Asia(ウォールストリートジャーナル・アジア版)の「アジアで最も注目すべき10人の女性」に選出された林恵子社長が設立。
10年前に自宅ガレージを改装し、わずか数人のオペレーターとスタートしたというから驚きです。

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

季節ごとにDoCLASSEを着こなす佐藤千夏さん

パリのマダムたちの自信に満ちたオーラに憧れを抱いていた林社長は、「シンプルな白いシャツにジーンズ、それだけなのに素敵なのは年齢を重ねるからこそ
女性は自分本来の美しさを探せるからで、それは間違いなく生き方と繋がっているから。」と確信し、40代50代と年齢を重ねて、さらに輝く大人のためのファッションカタログ通販「DoCLASSEドゥクラッセ」を大ヒットさせました。

千夏さんもご参加【スタリス☆大人女子会】の一コマ。内面から美しく輝く各界のスペシャリストが集まりました。

筆者の親しい友人でもある佐藤千夏さんは、そんな素敵なストーリーを持つドゥクラッセのアンバサダー「9人委員会」 第二期生。ランチや女子会などで、全身ドゥクラッセコーデの素敵な着こなしを披露してくれて、いつも注目の的!
彼女は‘スタート&リスタート’がテーマのスタリス☆横浜にピッタリの「リスタート大人女子」なので、本日は焦点を当ててご紹介したいと思います。

全大人女子憧れ!「9人委員会」とは

その前に、佐藤千夏さんがブランドアンバサダーを務める「9人委員会」について、ドゥクラッセ素敵大人女子広報 工藤芽生(くどうめい)さんにお話を伺いました。

「DoCLASSEのブランドアンバサダー「9人委員会」の発足は2007年の会社創業時。それぞれの分野で活躍する同年代の女性から、代表:林恵子が等身大の女性のご意見番としてアドバイスを頂きながら商品やサービスに反映して参りました。

ご主人とリラックス。おうちデートでもドゥクラッセをご愛用のアンバサダーさん

林恵子社長(左端)を筆頭に揃う「9人委員会」の皆さん

第2期生のメンバーは、年齢の枠にとらわれることなく、すがすがしく、自分らしく輝いている女性たちから成っています。等身大の40代、50代のいきいきとした女性たちの生き方やご活躍を紹介することで、共感頂き、少しでも前向きになったり、新しいチャレンジをしてみようと、同年代の女性の背中をそっと押すことが出来ればと思っています。ただ単なるお金をかけた外見の美しさだけではない芯の強さと美しさ。そして、自分も頑張ってみようと思わせてくれる身近な感覚。

2期生を考えるに当たり、DoCLASSE代表の林恵子を含めた9人のメンバー調和もとても大事にしました。ブランドのPRということよりも、個々のメンバーの活躍を応援し、メンバー内で新しいことを始めたり、挑戦することも大歓迎していますので、活躍のジャンルや性格・傾向に偏りがないようにしました。」(DoCLASSE広報 工藤芽生さん)

「何歳からでも立ち直って輝いて」 佐藤千夏さん

ドゥクラッセ9人委員会メンバーの佐藤千夏さんは1971年宮城県生まれ。なんと「跡継ぎを産めない」という理由で、結婚12年目に離縁を言い渡され40歳で離婚。

その後46才で上場企業社長の素敵な男性と再婚されました。現在マーケティング・プランニング会社「ビジネス・ソリューション・パートナー」代表として企業の経営支援、同時にモデルとしても活動中

佐藤千夏さん ビジネスコンサルタント

千夏さんは素敵な大人女性。愛と優しさで溢れています

【リスタートSTORY】 千夏さんは28歳の時に、創業50年という会社の跡継ぎに嫁いで、会社と従業員を守るために役員を務め懸命に仕事をしていました。しかし不妊が原因で離婚を経験。頑張ってきた仕事も、妻としても女性としても否定されひどく傷つき、実家に帰って引きこもるようになった直後、あの東日本大震災に遭いました。

「もっと辛い想いをしている人がいる。わたしもここ(宮城)から立ち直って、その姿を見せることで、同年代の女性を応援したい!」 とリスタートを決意

DoCLASSEファッションショー。ランウェイを颯爽と歩く千夏さん

その後はモデルをしながら、経営学を一から学び直し、念願の会社を設立されました。
「私は、40代で一度大きな挫折をしましたが、その辛さを被災児の強さや人の信念に支えられて乗り越えられたと思っています。まだ、この先何歳になっても試練はあるかもしれない。でも大丈夫だと信じられるようになりました。生きていることに心からありがとうと感じています。

知人もいない都会で多くの人に会い、少しずつ引き上げてくださる方が現れ、何かできると信じてここにいます。」(ドゥクラッセインタビューより)

ご縁がつながり映画・舞台などのPR・広報も

2015『THE WINDS OF GOD』製作記者発表後 奈良橋陽子さん、故・今井雅之さんと。

周囲の厚い信頼から、今では映画の広報やPRも手掛けるようになった千夏さん。故・今井雅之さんがガン宣告された際は、「最も信頼する(奈良橋)陽子さん(*)に演出を頼みたい。君も彼女と一緒にラストステージを完遂してくれないか」と直々に依頼を受け、未経験ながら見事完遂。
その後、今井さんの舞台作品『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうに~』の映画化へとバトンが渡されました。(*)アップスアカデミー主宰

40代から新しく築いた人脈から仕事やプライベートが広がるのは、千夏さんが「何歳からでもやり直せる!」「人の役に立ちたい」という熱く強い気持ちで溢れているから。リスタートしたい女性たちに勇気とパワーを与えてくれます!

ご主人とのライフスタイル

外見のみならず内面から輝く千夏さんは、他人に対して「何かしてあげたい」と、常に考える温かい人柄と気さくで人懐っこい魅力で、芸能界から経済界にまで幅広い人脈を築いています。

そんな人気者の千夏さんに、再婚されたご主人の魅力についてお伺いしてみました。

「仕事・人として尊敬できる年上の男性が好きなので最初は憧れでした。前向きでいつも夢を語ってくれる少年のような瞳に、恋をするようになったのかもしれません。」(千夏さん)

ご主人とデートする時や女子会でも素敵なコーデを披露

憧れのナチュラルなライフスタイル

色々大変なことを乗り越えて、強くそしてHAPPYに輝く千夏さんは、いま素敵なパートナーを得て、新しい趣味とライフスタイルを満喫中。心境にも変化がありました。

「おしゃれな場所でのディナーも悪くはないけれど、自然の中で飲む一杯のコーヒーが好きになりました。
彼といると素直になれるので、自然体でのライフスタイルが一番素敵だと思います。」(千夏さん)
好みの男性のタイプは「いつまでも少年の心を持った人、いくつになっても夢を語れる人。」理想のご主人に出逢えて羨ましい限り。でもそんな彼女も、いつも少女の心と夢と愛を持ち続けているからこそ、仕事やプライベートで素敵な出逢いを引き寄せ続けているのではないでしょうか。

【編集後記】

いかがでしたか?スタリスが考える大人女子の定義は「年齢にとらわれることなく、ワクワクする少女の頃の気持ちを忘れずに、内面から自分らしく輝くこと」。まさにドゥクラッセや千夏さんとリンクしているので、これからもDoCLASSE(ドゥクラッセ)と9人委員会を応援してまいります!

この記事が、リスタートしたい女性のご参考や何かのキッカケになれば幸いです。大切なお友達にもぜひシェアしてくださいね。
広報の工藤芽生さん、佐藤千夏さん、素敵なお話をありがとうございました。

【佐藤 千夏】 会社経営・ドゥクラッセブランドアンバサダー

1971年宮城県生まれ。2011年の東日本大地震被災後、40歳の時に不妊が原因で離婚を経験。その後46才で素敵な上場企業社長と再婚。現在マーケティング・プランニング会社「ビジネス・ソリューション・パートナー」代表として企業の経営支援、同時にモデルとしても活動中。

2005年のThe Wall Street Journal Asia(ウォールストリートジャーナル・アジア版)の「アジアで最も注目すべき10人の女性」に選出された林恵子社長が設立した「DoCLASSE」アンバサダーの9人委員会 第二期生として、素敵な着こなしをプライベートでも披露し続けています。

DoCLASSE(ドゥクラッセ)神奈川県の実店舗のみご紹介 
◆県外や詳細は【公式HP】をご覧ください
横浜ジョイナス店  ダイヤモンド地下街 地下1階
横浜ポルタ店  横浜ポルタ
港北ノースポートモール店 ノースポートモール 2階
たまプラーザテラス店 たまプラーザテラスゲートプラザ 2階
ららテラス 武蔵小杉店 ららテラス 武蔵小杉 2階
マルイファミリー溝口店 マルイファミリー溝口 3階

……………………………………………………………………………….
文中にご出演いただいた◆奈良橋陽子◆さん
【スタリス☆インタビュー記事】はこちら

Presenter

すずき まき
スタリス&画廊支配人
すずき まき
20年に及ぶ企業や投資家の「女性目線コンサル・PR業務」の傍ら、メディアやブランドの立ち上げを数多く経験。生死に関わる大病を克服した自身の経験から【人と地域の応援】をテーマにスタリスを創設。リスタート時に始めた人気女性誌や、専門誌の仕事で培ったスキルと【ご縁】に感謝を込めて、複数の企業や媒体のお手伝いを現在も継続中です。