• コンセプト
  • ライター紹介
  • お問い合わせ
  • Facebook
  • Amebaブログ
  • YouTube

体験

3月8日は「ミモザの日」~若き日の浅生田光司画伯が描いた名作「黄花(ミモザ)」のご紹介~

「黄花(ミモザ)」浅生田 光司  キャンバス 油彩(1961年4月作)

presenter スタリス&画廊支配人

ミモザ

【詳細】P30号 93cm×73cm×2cm 所蔵 株式会社カナセキユニオン

3月8日は、国連が定める“国際女性デー”。イタリアでは“フェスタ・デラ・ドンナ(女性の日)”として、男性が女性に感謝の気持ちを込めてミモザを贈る“ミモザの日”とされていることでも有名です。

「黄花(ミモザ)」浅生田 光司 

「黄花(ミモザ)」浅生田 光司  キャンバス 油彩(1961年4月作)【詳細】P30号 93cm×73cm×2cm 所蔵 株式会社カナセキユニオン

元横浜美術協会会長の浅生田光司(あさおだ・みつじ)画伯は1925年横浜ご出身。山岳画家として有名ですが花も沢山描かれていて、いまみても色褪せない瑞々しくお洒落な作品ばかりです。

枝の重みまで感じられ、それなのに軽やかなこちらのミモザは現在修復中。お揃いのような作品を、画伯のご自宅で見せていただきましたが、とても美しい黄色でした。修復後にその鮮やかな黄色が再現できることを、楽しみにしています。

黄色はビタミンカラー

画伯の素晴らしい作品の数々は、WEB画廊でもご覧いただけますので、ぜひどうぞ。

画伯がご存命中にお逢いできたのですが、お花をプレゼントしたらとてもとても喜んでくださいました。「絵を習いたいの?」と声をかけてくださったことを懐かしく思い出します。

天国でもきっと素晴らしい絵を描き続けていらっしゃると思います。いまごろは新しい「ミモザ」の絵が仕上がる頃でしょうか?

こちらは浅生田画伯ご一家が所有のミモザ(おそろいのような作品です)

「お散歩美術館」もよいですが「おうちで美術館」、いかがでしたか?
本記事のお花の絵は、全て大好きな、故・浅生田光司(あさおだ・みつじ)画伯の作品です。

芸術は癒しやパワーとなり、免疫力をUPしてくれる気がします。素敵な週末をお過ごしくださいね。

【編集後記】

画伯のミモザがポストカードになりました。

杉田ゴルフ場の無料ラウンド券プレゼントのWチャンス賞として、ポストカードと季節のお花をセットにしてプレゼントします。
◆【プレゼント企画記事はこちら

心の栄養になる芸術を、コロナ騒動のこういう時だからこそ、ぜひ癒しにしていただければ幸いです。

協力:株式会社カナセキユニオン&神奈川石油販売

画廊 ロゴ スワン SWAN
◆SWAN画廊 HPはこちら

Presenter

すずき まき
スタリス&画廊支配人
すずき まき
20年に及ぶ企業や投資家の「女性目線コンサル・PR業務」の傍ら、メディアやブランドの立ち上げを数多く経験。生死に関わる大病を克服した自身の経験から【人と地域の応援】をテーマにスタリスを創設。リスタート時に始めた人気女性誌や、専門誌の仕事で培ったスキルと【ご縁】に感謝を込めて、複数の企業や媒体のお手伝いを現在も継続中です。